10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

「エリック・カール展」へ行ってきました

2017/06/25
先日、2017.4.22(土)~2017.7.2(日)まで開催されている「エリック・カール展」を観るため、世田谷美術館まで足を運んできました。

初めて訪れましたが、世田谷美術館は砧公園という大きな公園内にあるんですね。周りは自然でいっぱいです。
DSC_0274-1.jpg

世田谷美術館の正面。
DSC_0275-1.jpg

入館して最初に手にしたのがこちら。6/20~25の期間中に来場した方限定で、数量限定でお誕生日記念ステッカー(丸いもの)がいただけるようです。ラッキー♪
DSC_0359-1.jpg

そして、このブログを更新した今日がちょうどエリック・カールのお誕生日です。おめでとうございます!
DSC_0361-1.jpg

いよいよ原画とご対面!案の定、館内は撮影禁止でしたが、じっくり約1時間半ほどかけて原画を目に焼き付けてきました。この日は平日の午前中に訪れたにもかかわらず、たくさんの人(主に女性と小学生)が訪れていて、ぞろぞろと列になって並びながら観覧という感じでした。あの子供の頃から知っている絵本作家の作品を間近で観られることにとっても感激しました。

アクリル絵の具とコラージュ(貼り絵)での作品がメイン。作品によっては、アクリル板にフェルトペンで書くことにより立体感を出している作品や、初期の頃の白黒の作品、依頼されて舞台衣装をデザインしたものなどもあり、かなり見応えがありました。あの独特な色彩、近くで見ると圧倒されます。あちこちから「かわいいね~」の声が上がっていました。小さいお子さんからは「早く帰ろ~」の声も上がっていましたが(^_^;)

小さいお子さんじゃないですが、確かにじっくり観ていると時間がかかりますね。原画の数も随分多いなあ・・・と思ったら、160点もの原画が展示されていたことを後で知りました。大盤振る舞いですね~!絵本を製作する前の段階の手書きのダミーブック、習作と呼ばれるものも展示されていて制作過程を知ることができました。完成した作品と見比べる楽しみもあって良かったと思います。エリック・カールのこだわり、エンドペーパー(絵本の最後に挟み込まれている紙)の原画や製作道具の筆やアクリル絵の具でカラフルに汚れたスモッグも展示されています。

実は、エリック・カールとレオ・レオニの絵のタッチは似てるよね、とずっと思っていた私。それもそのはず、エリック・カールとレオ・レオニは面識があり、交流があることがここで発覚!ほんの2、3枚ですが、レオ・レオニの原画も展示されていて、すごくお得な気分でした。ちなみに、エリック・カールが影響を受けた他の方(マルク、パウル・クレーなど)の作品も少しですが展示してあります。いろんな方の影響を受けながら今の作風があるんですね。

撮影ポイントは、展示会場の出口を出てすぐのところにありました。私は1人でしたので撮影しませんでしたが、「はらぺこあおむし」の蝶が大きく描かれているパネルがあり、その前に立つと蝶になれますよ♪という仕掛けになっていて、みなさん代わる代わる撮影されていました。

撮影ポイントを過ぎると、特設ショップでオリジナルグッズが購入できます。思ったより小さっ!そして狭っ!(スミマセン)せめて人が余裕を持ってすれ違える通路は確保して欲しかったですね。後ろに並ばれるのでゆっくり選べないし、もう一度あのグッズを見たいなと思ったら、また並び直す感じ。そんな感じで3周ほどして私が選んだグッズはコレです。

絵葉書と展覧会オリジナルデザインのスライド缶(写真下の2つ)。中にはラムネが入っていますが、後で小物入れとして使うことを見越して選びました。缶バッジは、人気のデザインのものは品切れになっていて買えず、残念。絵葉書は後でフレームに入れて飾ろうと思います♪
DSC_0360-1.jpg




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


16:01 お散歩の記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

丸美屋の懸賞当選!

2017/06/12
そういえば先月、懸賞の当選品が届いていたのを忘れていました(^_^;)

DSC_0019-2.jpg

DSC_0020-3.jpg

丸美屋さんは、約1年半ぶり2回目の当選です。相変わらずのWチャンス賞での当選ではありますが、数多く懸賞に応募しているわけじゃないので当選は嬉しいです^^ 早速使わせていただいてます。



☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:50 懸賞当選 | コメント(0) | トラックバック(0)

小銭貯金 第51回発表!

2017/06/05
珍しく少しブログの間隔が開いてしまいましたね。実はここ1年以上、3日に1回ペースでコンスタンスに更新を続けてきましたが、実はリアルタイムの更新ではなくて、予約投稿の機能を使って更新していました。今回少し更新ペースが乱れたのも何かの縁、今後はリアルタイムの更新にまた戻そうと思いますので、よろしくお願いします。

ということで、しばらく放置プレイしてしまった小銭貯金の集計を今回はやっていきたいと思います。

小銭貯金の集計も、今回で51回目になります。

■第51回発表■

前回の集計日2016.10.25以降の約223日間の貯金額になります。

(集計日) 2017.6.5

(集計金額) 21,883円


(累計額) 528,165円


なんとなく小銭貯金を始めてから約12年7ヶ月(151ヶ月)。月平均貯金額は、約3,497円、思いっきりペースダウンです。この1ヶ月強の間に、新聞の購読料、町会費の支払い、息子の進学にともなう学用品の着払いなんかに使っちゃいましたからね。

前回の50万円の目標達成に伴い、新たな目標となった「100万円達成」までは、残り471,835円。まだまだですな~(笑)マイペースで続けてまいります♪


【小銭貯金のMyルール】※今回からちょっと変わりました!※

財布の中の小銭は100円玉5枚500円玉1枚のみとし、後はすべて貯金!!



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:51 節約・小銭貯金 | コメント(0) | トラックバック(0)

『つみき』/中川ひろたか

2017/05/28
つみき (はじめての絵本たいむ)
つみき (はじめての絵本たいむ)中川 ひろたか 平田 利之

金の星社 2007-05
売り上げランキング : 119314


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シンプルな色使い、そして
積み木を1つずつ積み上げていく、
というシンプルな展開、
単純明快で楽しい作品です。

ページをめくる度に少しずつ
積み木が積み上がっていく様は、
まるでパラパラ漫画のようです。

最後にはテントウ虫が飛んできて・・・・

積み木達の表情も、
とても楽しいので注目です。
ひとつ、ふたつ、みっつ・・・という
数え方の勉強にもなりますね。

色使いがシンプルなだけに、
気が散らずに積み木だけに
注目できるのが良いなと思いました。

何度も読み聞かせたい、
素敵な一冊だと思います。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・乳幼児向けの絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『もこ もこもこ』/谷川俊太郎

2017/05/25
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)谷川 俊太郎 元永 定正

文研出版 1977-04-25
売り上げランキング : 795


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルからして、
なんだか不思議な印象。

「もこ もこ もこ」かと想ったら、
「もこ もこもこ」なんですね(笑)

「もこもこ」「ぱちん」「ふんわ」
などといった、
短い擬音のみでの構成。
不思議ワールド炸裂!
といった感じです。

しかも、描かれているモノが
これといって特定できない、
得体の知れないものなので、
想像で読み進めるしかありません。

絵からの情報のみで
想像力を膨らませて
読む絵本なので、
描かれているものの答えが
1つではないところが魅力なのかな。
故に、
好き嫌いがはっきり別れる
絵本ではないかと思います。

長新太さんの作品かと思ったら、
谷川俊太郎さんの作品と知り、
びっくりしました。

簡単に見えて、
なかなか奥が深い一冊です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ひとあし ひとあし』/レオ・レオニ

2017/05/22
ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし
ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎

好学社 1975-04-01
売り上げランキング : 127361


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かしこいシャクトリ虫のお話。

腹ぺこのこまどりに
食べられそうになった時、
こまどりのしっぽを計って
その場を凌いだのをきっかけに、
いろんな鳥を
計ることになってしまった、
シャクトリ虫。

ある朝出会った鳥に、

「私の歌を計ってごらん。
でないと食べちゃうよ。」

と言われ、
知恵をひねるのですが・・・・。

歌を計る??
どうやって??

ところが、このシャクトリ虫が
とても賢いんです。

思わず、「そういうことか!」と
膝を叩いてしまいました。

まるで、一休さんのとんち比べ?
でもこういう意表をついた展開って、
とても楽しいです。

この賢いシャクトリ虫、
きっと生き延びて
立派な大人(蛾)になったに
違いありません。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『マックマウスさん』/レオ・レオニ

2017/05/19
マックマウスさん
マックマウスさんレオ・レオニ 谷川俊太郎

好学社 2010-01-21
売り上げランキング : 660061


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結末から言えば、
ハッピーエンドのお話なのですが、
理解しがたいことがちらほら・・・

まちねずみのティモシーの姿が、
ある日突然変わってしまいます。

それは、ティモシー自身にも
理解できないことだったようで。

もしかしたら、
子どもから大人へと
成長したってことなのかな?

のねずみと一緒に暮らすには、
「のねずみめんきょ」を
取得しなくてはならないとのことで、
テストを受けることになったティモシー。

いやその前に、
彼は自分から名乗らなかったので、
のねずみのスピニーから、
「マックマウス」という新しい名前を
付けられていたのですが、
この辺から誰が誰だか混乱してきて、
絵を頼りに読み進めました。

スピニーとティモシーの冒険が
高く評価され、
どうやらのねずみと一緒に
過ごせることになったティモシー。

でも、
ベリーはダメ、体力もないティモシー。
これで良かったねと言えるのかな?と
ちょっと不安になりました。

ピンチを乗り越えた知恵が
高く評価されたということなので、
何か1つでも取り柄があれば、
大丈夫だよということなのでしょうか。

個人的には、腑に落ちない展開。
ただ、2足歩行ののねずみたちは、
とてもかわいかったです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)

『コーネリアス』/レオ・レオニ

2017/05/16
コーネリアス―たってあるいた わにの はなし
コーネリアス―たってあるいた わにの はなしレオ=レオニ 谷川 俊太郎

好学社 1983-04-01
売り上げランキング : 86009


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


立って歩くことが出来るワニ、
コーネリアスのお話。

ワニらしからぬワニ、
コーネリアス。

立てるという
自分だけの特権を活かし、
遠くを眺めたり、
上から魚を見たり。

仲間のワニに
そのことを言っても、
「へえ それで?」
と相手にしてくれません。

仲間に相手にされなくても
落ち込まずに新しいことに
挑戦してしまう好奇心が
旺盛なコーネリアスの姿、
すごく良いです。

一見、無関心に思えた
コーネリアスの仲間たち。
きっと内心は
羨ましかったんでしょうね。

最後のシーンは微笑ましくて、
コーネリアスもきっと
喜んだんだろうなって思います。

でも、
ワニが逆立ちできたとして、
なんの得があるのでしょう?
そういう疑問は
きっと野暮でしょうね(笑)

好奇心こそ、進化の前触れ!
前向きなコーネリアスの姿が、
仲間の心をも動かしたのでしょう。

周りの出来ないことを
率先してやってしまう
コーネリアスに幸あれ!


☆ブログランキングに参加しています☆ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »