02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『小学館版 学習まんが人物館<第一期> 与謝野晶子』

2015/09/17
今回紹介する本はこちら!
与謝野晶子―女性の自由を歌った情熱の歌人 (学習まんが人物館)
与謝野晶子―女性の自由を歌った情熱の歌人 (学習まんが人物館)あべ さより 入江 春行

小学館 1996-10
売り上げランキング : 296955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア (小学館版学習まんが人物館) 杉原千畝―六千人の命を救った外交官 (小学館版 学習まんが人物館) 宮沢賢治―銀河を旅したイーハトーブの童話詩人 (小学館版学習まんが人物館) 南方熊楠―自然を愛した「人間博物館」 (小学館版学習まんが人物館) エリザベス女王―イギリスのはん栄をきずいた大女王 (小学館版 学習まんが人物館)


息子が小2の頃にかなりハマって読んでいたシリーズになります。漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して読み進めることが出来ます。

与謝野晶子といえば、「みだれ髪」ですが、恥ずかしながらそれ以上のことは知りませんでした。本名は、鳳晶(ほうしょう)って言うんですね。女は簡単な読み書きとそろばんができたらそれで充分、と言われていた時代、実家の番頭の仕事の手伝いをさせられていた晶子が文学に親しむのは大変なことだったということが感じられます。

与謝野鉄幹との運命的な出会いがまた晶子を変えたんでしょうか。戦争への反論、源氏物語の現代語版を完成させたりと、強い意志を持った女性だったんだなという印象です。

この本には、島崎藤村、樋口一葉、石川啄木、清少納言、北原白秋、といった方々も関連して登場してくるので、楽しいですね。息子もこの本で、いろいろ著名な名前を覚えたようです。「みだれ髪」を読んでみたくなりました。



☆ブログランキングに参加しています。  

共感いただける方は、ポチッとお願いします。


09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示