02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『じどうしゃ』 / 寺島 龍一

2007/04/06
文字が無い!けど、乗り物がいっぱい出てきます!正真正銘、絵だけの絵本はいかがでしょうか?

じどうしゃ (福音館の幼児絵本)
じどうしゃ (福音館の幼児絵本)寺島 龍一

福音館書店 1966-11-01
売り上げランキング : 412590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ずかん・じどうしゃ (福音館の幼児絵本) どうぶつのおやこ (福音館の幼児絵本) ぶーぶー じどうしゃ (0.1.2.えほん) くだもの (福音館の幼児絵本) かじだ、しゅつどう (幼児絵本シリーズ)


車好きの息子が図書館で見つけた1冊です。開いてビックリ、文 字 が な い !!リアルなタッチで描かれたさまざまな車達が、ひたすらページの中を走っています。

いや、「走っている」と感じるのは絵本を読んでいる側の想像であって、絵本には車以外のモノ、道路も標識も空も建物も、な~んにも描かれていません。途中、1個所だけ信号機が描かれています。それなのに。車は走っていて、いろいろ想像させてくれます。絵だけで、こんなに表現することができるんですね。率直にすごい!感じました。

ちなみに、この絵本は10ヶ月から2歳児向けですので、文字がないのも当然です。とにかく想像力がかき立てられるので、大人の私が読んでも新鮮でした。


☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!



09:02 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示