05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『おにたのぼうし』 / あまんきみこ

2014/02/01
今回もまた節分に関連した絵本をご紹介します。

おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)
おにたのぼうし (おはなし名作絵本 2)あまん きみこ 岩崎 ちひろ

ポプラ社 1969-08
売り上げランキング : 4461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9) サーカスのライオン (おはなし名作絵本 16) きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ) 王さまと九人のきょうだい―中国の民話 (大型絵本 (7)) きつねのおきゃくさま (創作えほん)


小さな黒鬼の子ども、
それが「おにた」です。

「鬼」と聞くと、
悪いものっていう
イメージがありませんか?

「にんげんって おかしいな。
おには わるいって、
きめてるんだから。」

という、おにたのセリフ、
その言葉にハッとしました。

そうそう、先入観って
間違っていることもあるんです。

気の良いおにたですが、
豆まきをされたら
逃げ出すしかありません。

外へ出たおにたは、
病気のお母さんと
2人暮らしをしている
女の子の家に
こっそり入り込みます。

そこで、女の子が何も
食べていないことを知り、
おにたは
人間の男の子に変装し、
食べ物を届けるのですが・・・

悲しいかな、おにたは
そこでも人間の
「先入観」に
打ちひしがれるのです。

女の子の為に、
自らが黒豆となった
おにた。

おにたが最後に
感じたのは、
人間への失望?
それとも・・・

「先入観」という
色眼鏡をかけている限り、
真実は見えてこない
ということを、
とても上手に表現した一冊。

これを読んだら、
節分の豆まきも
ちょっと躊躇してしまいそう。

真実を見る目を、
是非持ちたいものです。

いわさきちひろさんの絵が、
優しいおにたの
雰囲気にぴったりでした。


※小学3年生の国語の教科書(三省堂)掲載作品です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・あ【あまんきみこ】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。