02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『空想科学読本』シリーズ / 柳田理科雄

2014/01/22
空想科学読本
空想科学読本柳田 理科雄

メディアファクトリー 1999-07
売り上げランキング : 185574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
空想科学読本2[新装版] (空想科学研究所の本) 空想科学読本3[新装版] (空想科学研究所の本) 空想科学読本5 (空想科学研究所の本) 空想科学読本4[新装版] (空想科学研究所の本) 空想科学読本6


本日は、うちの息子が今ハマって読み漁っている本をご紹介します。学校の図書室に蔵書としてあったようで、友達から教えてもらって読み始めたらとても楽しくて、今では学年の子の大半が読みまくっているとか。なので、学校ではなかなか本が回ってこないとのことなので、息子は図書館から全巻借りてきて、山積みにして読んでいます。

シリーズ化していて、2013年現在までに18冊(1〜13と6.5、Q、ミドリ、金の空想科学読本、銀の空想科学読本が存在)が刊行されています。内容としては、「SF科学の考察本」ですね。コンセプトは、基本的に「怪獣映画やSFマンガなどの空想科学作品で描写されている事象を実際の現代科学で再現すればどうなるか」を現実の物理法則にあてはめてシミュレーションをすること。

例えば、「サザエさんの首は細すぎませんか?」という質問があれば、サザエさんの身長が20代後半女性の平均身長158センチだとして、頭の直径を具体的に数値化し(44センチだそうです)、首とのバランスを検証し、あの頭を支えることの出来る首の太さを計算したり、首が肩からはみ出す!?なんて話も出てきて、びっくりするやら、笑えるやら。こんな感じで、実に真面目に検証しているところがまた笑えるのです。それだけ、SFやマンガの世界では、現実離れしたことが起きているっていうことですよね。

面白く書いてありますので、子どももついつい読んでしまいますが、検証内容は、ちゃんとした科学的検証であり、これを機に科学の世界に興味を持ったり、科学を身近に感じるようになるのでは?とすごく感じました。驚くことに、付録でDVDが付いている巻もあったりするんですよ。しかも、著者の「理科雄」という名前は、本名なんだそうです。

大人が読んでも、普通に楽しいシリーズです。漫画やアニメ、映画などを見る目が変わってしまいそう。機会があれば是非読んでみてください^^


☆ブログランキングに参加しています。  

共感いただける方は、ポチッとお願いします。

11:28 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示