10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『月夜のでんしんばしら』 / 宮沢賢治

2013/09/30
9月も今日で終わりですね。マイペースにブログを更新しております。

前回の記事にも書きましたが、十五夜のお月様、皆さんはご覧になりましたか?我が家では、私が騒いだので、仕方なく主人と息子も付き合ってみてくれました(笑)夜の8時13分が満月になる時刻だとニュース番組で聞いたので、その時間に合わせて写真も撮ってみました。

十五夜の満月を見逃した方のために写真をUP。なんて優しい(笑)

20130919.jpg


当日、息子の学校で先生が「今日は十五夜ですよ~」と教えてくれるのかと思ったら、何も言わなかったそうです。なのに翌日、先生が「昨夜、満月を見た人いますか~?」と聞いてきたそう。クラスの大半が、「何それ?」という反応。ちゃんと満月を見た子は、息子を含めて4、5人しかいなかったらしい。

その話を聞いて、息子の学校ではなんて風情が無いんだ、とちょっとガッカリ。先生はともかく、親も十五夜なんてスルーしてるってことなんだな、と思った出来事でした。

さて。今日は久しぶりに絵本の紹介をしたいと思います。月の話にちなみまして、こんな絵本をご紹介します。

月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)宮沢 賢治 竹内 通雅

三起商行 2009-10
売り上げランキング : 420626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よだかの星 (日本の童話名作選) セロ弾きのゴーシュ (ミキハウスの宮沢賢治絵本) 虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) (日本の童話名作選) どんぐりと山猫 (ミキハウスの絵本) 猫の事務所 (日本の童話名作選)


月夜の晩の不思議なお話です。
電信柱の軍隊の行進が、
とてもインパクトがあります。

これは、宮沢賢治の
想像の世界なんでしょう。

走っている汽車の中から
外を見れば、
線路脇の電信柱が
動いているように見えるので、
そこからイメージを
膨らませたのかも、なんて
思いました。

どうして恭一が
線路を歩いていたのか、
そしてその後どうなったのか。

そこのところが
描かれていないため、
最初から最後まで
不思議な世界で
埋め尽くされています。

とにかく、
怪しい月夜の晩には、
何かが起こるぞ!!
という、
それもまた賢治の
イメージの世界。

いろんな想像力をかき立てる、
不思議な作品でした!



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



16:53 ・み【宮沢賢治】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示