10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『しずくのぼうけん』 /  マリア・テルリコフスカ

2013/06/17
さて、久しぶりに絵本の紹介です。梅雨に入り、雨の日が多いということで、こんな絵本をチョイスしてみました。

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)
しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)マリア・テルリコフスカ ボフダン・ブテンコ

福音館書店 1969-08-10
売り上げランキング : 7026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) じめんのうえと じめんのした (福音館の科学シリーズ) ちいさいおうち (岩波の子どもの本) おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ) ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)


ポーランドの絵本です。

バケツからぴしゃんと
飛び出した「しずく」が、
旅に出るというお話。

このお話、
楽しい冒険になっていますが、
水蒸気になって空へ上ったり、
雨となって地へ降り注いだ
かと思ったら、氷になって
溶けて川へと流れ着いて・・・
と、水の特徴をよく捉えた
ストーリーになっています。

蛇口から出てきたりも
するんですよ(笑)

子どもの頃に読んだ時は、
気付かなかったのですが、
科学絵本だったんですね。

小さなお子さんでも、
知らないうちに学べるのは
絵本の良いところだと思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





11:18 ・世界傑作絵本シリーズ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
こんばんは。(^^)

この絵本、子供のときに読まれているんですね。
自分はこの絵本の存在すら知らなかったので大人になってから
読みました。

そうですよね。
子供の頃だと科学絵本だとは気づかずに面白かったと読んで、
それがいつの間にか知識になっているんでしょうね♪
Re: こんばんは
masaさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます^^

> この絵本、子供のときに読まれているんですね。

そうなんですよ~。姉の絵本だったのですが、子どものころ、テレビの脇に
絵本が置いてあって、暇な時にぱらぱら見てた記憶があります。

なんといっても、表紙絵の印象が強烈に残っていて、見つけたときは、
懐かしい~!!って思いました。
内容はなんとなくしか覚えてませんでしたが、きっとこれを読んで
多少は知識が身についたのかなって感じます。

masaさんは大人になってから読まれたんですね。
ぜひ、感想を記事にしてみてくださいね^^

管理者のみに表示