01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『ツェねずみ』 / 宮沢賢治

2013/03/21
ツェねずみ (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
ツェねずみ (ミキハウスの宮沢賢治絵本)宮沢 賢治 石井 聖岳

三起商行 2009-10
売り上げランキング : 852529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
気のいい火山弾 (ミキハウスの宮沢賢治絵本) 注文の多い料理店 (ミキハウスの絵本) 銀河鉄道の夜 注文の多い料理店―版画絵本宮沢賢治 どんぐりと山猫 (ミキハウスの絵本)


「ツェ」という名前のねずみのお話です。「ツェ」だなんて、変な名前だなと思ったのですが、なるほど、このねずみの名前って、物事がうまくいかなかった時などについついやってしまう舌打ちの音「ちぇっ」からとったんだなということが、読み終えるとわかります。「ちぇっ」を宮沢賢治が表現すると「ツェ」になるんでしょうね。

とにかく、このツェねずみの性格が悪いことにはびっくりさせられます。自分に起こった悪いことや嫌なことは、全部誰かのせいにするんです。そんなヤツの行く末は・・・ある意味、期待通りの結末になっています。「まどうて下さい、まどうて下さい」が口癖のツェねずみでしたが、さすがに最後はこの口癖は出ませんでしたね。

ねずみが、柱やバケツと普通に会話しているシーンでは、なぜか違和感を感じずにすんなりと受け入れることが出来ました。、小さな生き物たちは、もしかしたらそうやって物とだって会話を交わしているのかもしれないという発想や想像は、きっと宮沢賢治の世界観なんだろうなと思います。

結末が気になる終わり方ですので、「その後」の続きを考えてみたら面白いかもしれません。そういう余韻を残した終わり方もまた良かったです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



08:00 ・み【宮沢賢治】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示