01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『夏目友人帳』 / 緑川 ゆき

2013/03/17
以前の記事でもちらっと紹介したことがある作品なのですが、現在、図書館から借りてきて読んでいるコミックをご紹介します。図書館の予約が殺到しているので、なかなか順番が回ってこない、人気作品です

夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))
夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))緑川 ゆき

白泉社 2005-10-05
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夏目友人帳 (2) (花とゆめCOMICS (2969))夏目友人帳 第3巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第4巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第5巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第6巻 (花とゆめCOMICS)
夏目友人帳 第7巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第8巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第9巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第10巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 第11巻 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 14 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 15 (花とゆめCOMICS)

現時点では、今年の1月に発行された15巻が最新のようです。まだまだ継続中なんですね!今、手元にある巻の分だけですが、メモ代わりに作品の解説を転記しておきます。

2巻:祖母・レイコの遺品、妖怪達を統べる「友人帳」を受け継ぎ、妖怪たちに名前を返す日々を送っている少年・夏目。ある日クラスメイトと共に肝だめしに参加することになったが、舞台である旧校舎に危惧していた妖の気配が! 夏目は女の子に化けたニャンコ先生と共に正体を暴こうとするが…!? 2006年8月刊。

3巻:妖怪達を統べる契約書「友人帳」を祖母・レイコから受け継ぎ、妖怪達に名前を返し続けている少年・夏目。ある日、用心棒・ニャンコ先生そっくりの黒ニャンコ先生が現れ、夏目の手から「友人帳」を奪い去ってしまう!慌てて後を追う夏目とニャンコ先生が目にしたものは…!? 妖怪祓い人・名取も再登場のあやかし契約奇談第3巻! 2007年2月刊。

5巻:祖母・レイコの遺品である「友人帳」は多くの妖怪たちを統べる契約書。受け継いで名を返す日々を送る夏目少年はある日、空き地で地面に陣を描く少女・多軌と出会う。彼女は、己に呪いを掛けた妖を探すために地面に陣を描いていた。協力することにした夏目だが、夏目自身も呪いを受けてしまい…!? 2008年3月刊。

6巻:祖母・レイコの遺品である「友人帳」は手にすれば多くの妖の魂を束縛し、従え統べることが出来る契約書。それを受け継ぎ、名を返す日々を送る夏目は廃屋で箱の中に閉じ込められた少年・カイを助ける。彼を狙っていた妖を撃退するも、妖怪祓い人・名取も彼を付け狙っていて…!? 2008年7月刊。

9巻:祖母・レイコの遺品で、多くの妖の名を預かった契約書である「友人帳」を受け継ぎ、名を返す日々を送る夏目。ある日、名を取り戻しに来た時に指輪を落としたという妖・アマナに襲われるが…!? また、夏目の元に友人帳を狙う猿面の妖の集団、更には的場の妖も現れて――? 2010年1月刊。

10巻:祖母の遺品で、多くの妖の名を預かった「友人帳」を受け継ぎ名を返す日々を送る夏目。ある日突然現れた昔の同級生・柴田に強引に連れられ女子高生・村崎と出会う。後日胸騒ぎを覚えた夏目が駆けつけた先で目にした彼女の正体とは…!? メガヒットあやかし契約奇談第10巻!! 2010年7月刊。


本当は、1巻から順に読破していきたいところですが、「妖怪達を統べる契約書「友人帳」を祖母・レイコから受け継ぎ、妖怪達に名前を返し続けている少年・夏目」という情報さえあれば、あとは1話ずつ完結された作品が数話ずつ収録されていますので、どの巻からいきなり読み始めてもすっと入っていけるので、大丈夫でした。

やっぱり、ニャンコ先生のキャラは、インパクト大ですね(笑)そして、3巻で黒ニャンコ先生が出てきた時には、読んでいた息子が騒ぎましたよ(笑)実は、コミックをまだ読んでいない時、キャラクターショップみたいなお店で、黒いニャンコ先生のぬいぐるみが売ってあり、「何コレ?」「黒バージョン??」と疑問に思っていたことが一気に解決したので。

夏目の子どもの頃の回顧録が盛り込まれつつ、お話は進みます。そして、夏目が妖に名を返そうと関わっている中で、妖たちの過去や深い悲しみなどが知れたりするので、ちょこちょこ感情が揺さぶられる感じが良いのかな。息子と2人で、どっぷりと夏目友人帳の世界観にはまりつつあります。

今までに読んだ中でのお気に入りのお話は正直、いくつもあるのですが、第十六話の人魚の話、第三十二~三十三話の毛玉の話、第三十七~三十八話の柴田の恋の話が印象的だったかな。それから第三十六話のニャンコ先生は、かっこよかった!個人的には、初めてテレビアニメで見たお話、家中をおわんが走り回るやつ?がどの巻で登場するのか、楽しみにしています^^

久しぶりに読み応えのある作品に出会えたなという感じです。読んだこと無い方には是非お勧めします。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 ●漫画・コミック | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
図書館で借りられるんですね
夏目友人帳、図書館で借りることができるんですね。
たぶんうちの図書館にはないのでうらやましいです。

妖怪もの(?)好きなので、このシリーズも読みたいのですが
すでに15巻まで出てますもんね。
購入するのは躊躇するので、どこかでレンタルでも良いので
読みたいなと思っています。
一気に読めてしまうような面白さなのですかね?
Re: 図書館で借りられるんですね
masaさん、こんにちは!

うちの地域の図書館は、なぜかコミック本、DVDなんかも充実していて、
レンタルを考える前に図書館のHPで検索するのが普通になっちゃってます。
とはいえ、コミックはどなたかが図書館へ寄贈してるみたいで、大抵は、
「寄贈」のスタンプが押してありますね。

妖怪もの(?)が好きなんですね!
でしたらきっと、夏目友人帳は気に入ると思いますよ~。
短編のお話が詰まってますので、サクサク一気に読めちゃいますよi-278

管理者のみに表示