01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『気のいい火山弾』 / 宮沢 賢治

2013/02/19
先日は、ロシアに隕石が落下したというニュースを知り、大変驚きました。負傷者の方々には申し訳ないのですが、ほんと日本じゃなくて良かった・・・と正直、思ってしまいました。あんなのが突然、光りながら空からすっ飛んでくるのを見たら、すぐに隕石だとはわかりませんよね。映画「トランス・フォーマー」を観たことのある人だったら、「ディセプティコン!?」って思っちゃうかも(あんな感じで、地球にやってきます)。死者が出なかったのが奇跡ですね。

詳しい情報によると、隕石は爆発したわけではなく、摩擦によって光りながら割れただけで、被害が大きかった主な原因としては、音速で落ちてきた隕石の前方の空気が押し出される「衝撃波」によって、ガラスが割れたり、建物が壊れたりといった被害が出たらしいですね。私が見たテレビ番組のコメンテーターの人が、「要は、空気の津波ですね」と言っていて、なるほど!わかりやすい例えだ!と頷いてしまいました。

日本でも、小さい隕石はいくつか落下していて、民家の屋根を突き破ったりしているとのこと。誰が悪いわけでもないですし、自然災害のひとつでしょうから、防御しようが無いですし、こういうことが現代に於いても起こりうるのだと思うと、ちょっと怖いですよね。

さて!今回は、隕石ではないですが、こんな石の出てくる絵本をご紹介したいと思います

ベゴ石の表情にご注目

気のいい火山弾 (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
気のいい火山弾 (ミキハウスの宮沢賢治絵本)宮沢 賢治 田中 清代

三起商行 2010-10
売り上げランキング : 384157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本) 注文の多い料理店 (ミキハウスの絵本) 虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) (日本の童話名作選) 山男の四月 (ミキハウスの宮沢賢治絵本) ツェねずみ (ミキハウスの宮沢賢治絵本)


「ベゴ石」と呼ばれている、
たちの良い黒い石が主人公。

いっぺんも怒らないので、
周りの石や蚊にまで
からかわれて・・・

でも、この「ベゴ石」の
表情を見ているとなぜか
怒りの気持ちなんて
沸いてこないんですよね。

そして、
ベゴ石の話す言葉は
実に穏やかで、
とても心の広い
印象を受けました。

そんなベゴ石だからでしょう、
からかわれている場面でも、
楽しい雰囲気で
読み進めることが出来ました。

とにかく、
このベゴ石の表情が
とっても良いんです。

全体を通してみても、
ストーリーと絵がとても
マッチしていて素晴らしく、
自然に絵本の世界へ
入っていくことが出来ました。

ずっと目を閉じていた
ベゴ石でしたが、
この絵本で唯一、
うっすらと目を開ける
シーンがあります。

見開き2ページに
描かれたその場面に、
思わず見入ってしまいました。

「私共は、みんな、
自分でできることを
しなければなりません。」

自分に置かれた境遇を、
ただただひっそりと
受け入れ続けたベゴ石。

別れの言葉の中で、
からかわれ続けたその場所を
「明るい楽しいところ」と
表現していたのには
ドキッとしました。

もしかしたら本当は、
その場所にいた方が
良かったのではないか?

例えずっと
からかわれ続けたとしても?

そう考えると
複雑な心境になりました。
このことはきっと、
ベゴ石にとって、
ハッピーエンドなんだ
と思いたい。

きっと
連れて行かれた先でも
新たな出会いが
あるはずだから。

子供に読み聞かせた当時、
からかいのシーンや、
苔がむしり取られる場面で
笑ったりしながら聞いていました。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



08:00 ・み【宮沢賢治】 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
この本買いました!
Wikipediaには
≫鉱物採集に熱中し、家人から「石っこ賢さん」や「石こ賢さん」などと呼ばれた。≪
という記述があり、
石は随分お好きだったようですね。

田中きよさんの絵も素晴らしく、いい雰囲気出ていますし、
科学絵本的でもあり、
岩石の勉強をする頃に読み聞かせで読んでいます。

お子さんの仰るように、
宮沢賢治ものとしては、異色な感じなのがまたいいです☆
Re: この本買いました!
こうまさん、コメントありがとうございます!

すでに購入してお手元にあるんですね~羨ましい!
宮沢賢治という人物は、「風変わり」というイメージが強いですね。
だからでしょうか。視点もちょっと変わっていて、このお話なんて、
火山弾が主役って。面白いですよね~。

> 田中きよさんの絵も素晴らしく、いい雰囲気出ていますし、

そうなんですよね。この絵だったから、余計にもお話の良さが
際立ったのではと思います。お気に入りの一冊です♪

こちらの他にも、宮沢賢治の作品をいくつか読んで感想を書き溜めて
いますので、少しずつ紹介していけたらと思っています!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。