07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『1999年6月29日』 /  デイヴィッド・ウィーズナー

2013/02/13
今回紹介する絵本はこちら!
1999年6月29日
1999年6月29日デイヴィッド ウィーズナー David Wiesner

ブックローン出版 1993-08
売り上げランキング : 658502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セクター7 ミスターワッフル! 3びきのぶたたち 漂流物 かようびのよる


若き科学者(女の子)の野菜の実験が、とんでもないことに!?まるで、ドキュメンタリー番組を見ているような感覚で、次々といろんな事実が発覚していくので、目が離せません!

「かようびのよる」という作品では、葉っぱに乗った大勢のカエル達が浮遊していましたが、こちらでは、なんと巨大な野菜が浮遊します。これが女の子の実験とどう関わっているのか?がポイントでしょうか。

そして、巨大な野菜を目の当たりにした人々の驚く様子や言動がまたまたおかしくて笑わせてくれます。息子も読みながら、何度も笑っていました。「かぶだああっ!」が笑いのツボだったようです(笑)

そして、実験で使った野菜の行方もまた意外な展開で、最後の最後まで目が話せませんでした。あの巨大野菜の理由は、そういうオチですか~。女の子の実験結果の結論も、冷静で好きです(笑)想像力を掻き立てられる、素敵な1冊だと思います!




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



08:00 ・デ【デイヴィッド・ウィーズナー】 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
たのしそうな絵本ですね~!
紹介文が素晴らしくて、嬉しくなります!
早速予約してみます。
かようびのよる、が大好きですし♪
こんばんは
『1999年6月29日』もいいですよね。
不思議というか、ある意味夢のあるお話だなって
思ってしまいます。

誰もが、こうなったらいいとか、こんなことやりたい
ってことがある日叶ってしまったら…。
そんな世界なのかなって思ってしまいます♪
Re: たのしそうな絵本ですね~!
こうまさん、コメントありがとうございます!
そして、お褒めのお言葉まで頂いちゃって恐縮ですi-201

「かようびのよる」が大好きな人ならば、きっとこの絵本も
気に入るんじゃないかなって思います。

楽しみに読んでみてください♪

Re: こんばんは
masaさん、お越しいただいた上にコメントまで、ありがとうございます!

『1999年6月29日』は、ご存知でしたか!
現実にはないであろうストーリーではありますが、あの絵が良いのかな?
きれいに描かれてると、ちょっとだけリアルっぽくて、あの世界観に
引き込まれてしまいますよね。

またそちらにお邪魔した際には、よろしくお願いします♪

管理者のみに表示