04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『モチモチの木』 /斎藤隆介

2012/05/19
今日は、こんな絵本をご紹介します。

モチモチの木 (創作絵本6)
モチモチの木 (創作絵本6)斎藤 隆介 滝平 二郎

岩崎書店 1971-11-21
売り上げランキング : 11974

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花さき山 (ものがたり絵本20) 八郎 (日本傑作絵本シリーズ) 半日村 (創作絵本 36) スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ) ごんぎつね (日本の童話名作選)


私にとってはとても懐かしい一冊です。子どもの頃、私の家にはこの絵本があり、何度も手に取って読みました。内容を理解していたわけではないと思いますが、とても心惹かれるものがあったのは確かだと思います。息子が小学中学年の時、国語の教科書にこの「モチモチの木」を見つけ、ぶわ~っ!!と一気に子どもの頃の感覚が甦ったような気がしました。

そんな私の気持ちを知らないはずの息子は、教科書に載っているこの作品をなぜかとても気に入り、1人で読んでいる姿を何度も見かけました。この作品には、子どもの心を惹き付けてしまう何かがあるように思います。

気が弱い息子のことですから、臆病な豆太に自分の姿を重ねていたのかも知れません。臆病な豆太だけれど、いざとなったら勇気を出せるってこと、じさまもモチモチの木もきっと知っていたんですね。

「じぶんで じぶんを よわむしだなんて おもうな。」
「にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっと やるもんだ。」


息子もきっと、知らないうちにこの絵本から勇気をもらっていたに違いありません。心に残る、とても大好きな作品の1つです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


08:30 ・さ【斉藤隆介】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示