03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『灰かぶり』 /グリム

2011/07/01
シンデレラ!

灰かぶり (絵本・グリム童話)
灰かぶり (絵本・グリム童話)矢川 澄子 宇野 亜喜良

教育画劇 2001-08
売り上げランキング : 879226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「灰かぶり」とは、「シンデレラ」のことなんですね。子どもの時に読んだ「シンデレラ」のお話の記憶がうっすらとある中でこれを読んだのですが、大まかなストーリーは一緒なのですが、細部は微妙に違っていたりして、新鮮な気持ちで読むことが出来ました。

お城に残された靴を頼りに、王子さまが花嫁を捜すシーンは衝撃的でした。まま姉さん達が、つま先を切り落としたり、かかとを削ったりなんだか子供向けでは無いような気がします。子どもの頃に読んだ、夜中の12時にお城から家に帰るストーリーの方の「シンデレラ」を読んで、読み比べてみたいです。


それにしても、なんだかこの独特の絵の雰囲気、どこかで見たことがある・・・・・・と思い、ふと息子の本棚を見たところ、あった!ありました!!

よみきかせおはなし絵本〈1〉むかしばなし・名作20
よみきかせおはなし絵本〈1〉むかしばなし・名作20千葉 幹夫

成美堂出版 2002-08
売り上げランキング : 144972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我が家には、このシリーズが買い揃えてあるのですが、この本の中のお話「にんぎょひめ」の絵がまさに宇野 亜喜良さんの絵だったんですね。この本、子どもが小さい頃以来、数年間開いてなかったのですが、それなのに私の脳裏の片隅に記憶に残るぐらいのインパクトがあったようです。


絵本って読んで字の如く、「その主たる内容が絵で描かれている書籍のこと(wikiより)」ですから、絵の持つインパクトってすごく重要ですよね。宇野 亜喜良さんの絵に出会ってから、そういうことをすごく感じるようになりました。だから、ストーリーと絵がすごくピッタリな絵本に出会うと、ものすごく感動するんですよね~。

そんな素敵な絵本に出会うため、私はこれからも絵本を読み続けることでしょう(笑)



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示