09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『ぼく、ムシになっちゃった』 /ローレンス・デイヴィッド

2011/06/29
『変身』という映画を観ましたんで、変身に関係する絵本を紹介します実は、隠れたメッセージが含まれている?絵本です。

ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)
ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)ローレンス デイヴィッド デルフィーン デュラーンド

小峰書店 2002-07
売り上げランキング : 69865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある朝、目を覚ますとでかいムシになっていた男の子、グレゴリーのお話なぜか家族の誰も気付きません。学校のみんなも先生も気付きません。唯一、気付いてくれたのが親友のマイケルでした。

突然ムシになってしまったことに驚き戸惑いつつも、ムシの体でなければ出来ないこと(例えば、触角をつかってボールを投げたり、手足を使ってかけ算の計算をしたり)をする姿には、思わず笑ってしまいました。

でも、本当の自分に気付いてもらえないなんて、すごく辛いことですよね。グレゴリーがムシになったことに全く気付かない家族。つまりそれは、忙しさにかまけて子どものことをしっかり見ていない親に対する皮肉がたっぷり含まれているように感じました。

結局グレゴリーの家族は、夕飯になっても部屋から出てこないグレゴリーの様子を不審に思い、ようやく本当のグレゴリーの姿に気付くことが出来るのです。

本当に、子どものことを見ていますか? 本当に子どもの気持ちをわかっていますか?

そういう隠れたメッセージを投げかけられているようで、後半は少し考えさせられました。きっと親友のマイケルは、しっかりグレゴリーと向き合っていたから本当の姿を最初から見ることが出来たんでしょうね。

子どもとしっかり向き合っていこう!そう思える一冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示