02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

ドジョウとエビのその後

2006/09/19
さて、恒例になりつつある(?)我が家の水槽の近況報告です。


●9月8日

夕方、最後の1匹のエビの様子がおかしいことに気付きました。
底砂の上にひっくり返って、足をバタバタさせてる・・・
もしかして、絶命寸前??

気にしつつ、夜20時頃、水槽を覗いて見ると、
透明だった体を白く変色させ、死亡しているスジエビを確認。
死因が全くわかりません!我が家のエビは、約1ヶ月で絶滅です


●9月17日

スジエビが水槽から消えてから、水槽の中の汚れが
やけに目立つようになりました。
フィルターもすぐに目詰まりしてしまうし、2ヶ月に1度の
交換でよいはずのフィルターが、1週間持たない状態。
このままではどんどん水質が悪化してしまう!!

ということで、旦那がネットでいろいろ調べたところ、
水中の酸素が不足しているのでは?という結論に。
とりあえず、水槽用のエアストーンを購入してみました。

↓これが、エアストーンです。泡がぶくぶく。。。。

do-9-18.jpg


↓怖がるかと思いきや、大喜びのドジョウ達。泡で遊んでます。

do-9-18-2.jpg


↓現在の水槽の全体図です。ファーンは取り外しました。

do-9-18-3.jpg



エアストーンの効果としては、酸欠防止効果、夏場の水温対策、
水の循環、硝化バクテリアの働きを活発にすることによる水質アップだそうです。

我が家のエビは、おそらく、酸欠で亡くなったと思われます。。
調べたところ、ドジョウって他の魚より酸素を多く消費するらしいので・・・
そんなの、知りませんでした!!

たかがドジョウ、されどドジョウ。
ドジョウを通して、今まで興味がなかった魚類に
興味を持ちつつある息子&親なのでした。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


10:45 いろいろ観察記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
  なるほど・・・どじょうは酸素がたくさん必要なんですね?でも丈夫ですよね?うちにも以前どじょういましたけど、いつまでも元気だった。今は名前もわからない小魚がいっぱいいます。死なせないように気を付けてます。時々4女が水槽の掃除もしてます。 
 泡で遊ぶどじょうが可愛いですね。でもファーンて何ですか?v-275
小林さん、コメントありがとうございます♪

そうですね、ドジョウは丈夫です!
正直言って、ドジョウがあんなに活動的で生命力の強い
生き物だとは思いませんでした。捕まえてきて、
1週間で亡くなるかと思いきや、気が付けば1ヶ月半ぐらい経ちますね。

ドジョウはエラ呼吸だけじゃなく、皮膚呼吸、腸呼吸も出来るらしくて、
多少干上がった環境にいても生き延びる確率も高いのですよ。
2年ぐらい掛けて大人のドジョウに成長するとか。すごい生命力ですよね!

そうそう、ファーンっていうのは、水槽用の扇風機のことです。
うちはマンション住まいなので、室温が高いんですよね。
水槽の水温も上がっちゃうんで、ちょっと前まで扇風機(ファーン)を使ってました。

ドジョウにとって最適な水温は、18~25度だそうです。
うちの水槽の温度、最高で31度まであがりましたから、
ドジョウが茹で上がるところでしたv-39

名前もわからない小魚・・・わからない魚なのに、
しっかり飼育できてるってすごいですね!
きっと、水中生物を飼うセンスがあるんですね。
今度、小林さんちの水槽の写真をブログでUPお願いします!

管理者のみに表示