07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

放茶能、飲んでます。

2011/03/25
おとといの午後3時頃のこと。主人からメールがあり、都内の水道水を乳児に飲ませることを控えるようにとの発表があったことを知りました たまたま子どもを習い事に送り届けるところだったので、その後スーパーへ直行してみました。うちには乳児はいませんが、子どもが鼻炎のクスリを毎日飲んでいますので、それぐらいのミネラルウォーターだけでも手に入ればと思ったんですよね。

スーパーの飲料水売場では、早速皆さんが寄ってたかって買い占めを始めていました。たまたま運良く私は箱売りしていた水をキープすることができたのですが。なんだか見慣れない名前の水。温泉水とか書いてあって、お店の人に聞いても棚を見てないから値段がわからないという。とりあえずレジの行列へと並んでいたところ、私より前に並んでいた方が同じ箱の水を購入していて、聞こえてきたレジの方の声に一瞬ひるんじゃいました。水6本で「1980円」って私には高すぎる

それで「はっ」と我に返った私。慌ててレジの行列から外れて主人に電話。一応、相談してみると「高すぎるだろ、それは!!」とあらためて言われ、そうだよね、高いよね、そんなの必要ないよね、と電話を切り、箱は元の場所に戻したのでした。

危うく、勢いで購入しちゃうところでした。こ、怖い。これが噂のパニック買いか?!周りにつられて自分がパニックを起こしていたことに改めて気付いて、ゾッとしちゃいました。いかんいかん、冷静にならなきゃ。うちには乳児はいないのだから、無理して買うことは無いのだ!!今回水は買えませんでしたが、とりあえず150円前後のお茶のボトルを数本だけ買い、帰宅しました。

みんなして奪い合うようにすごい必死になって水を購入しているんですよね。500mlほどのミネラルウォーターもカゴ一杯に積み上げて・・・・。そして、みんながみんな、乳児のいる家庭とは思えず。やっとパンの在庫が戻ってきたと思ったら、今度は水不足ですか。野菜も産地を選んでたらなかなか買えなくなってきてますし、焦って買い占めしたくなる気持ちもわからなくないですが。

でも昨日になって昼頃のニュースを見たら、都が改めて検査を実施したところ、水道水1キログラム当たりの放射性ヨウ素は79ベクレルと数値が下がっていて、食品衛生法で定めた1歳未満の乳児の暫定基準値100ベクレルの範囲内に改善したとのことで、ホッとしました。雨が降ったので、一時的に数値が上がっただけのようですね。1890円の水なんて勢いで買わなくて良かった(笑)

それにしても、水道水が使えなくなるかもいという事態は、今までで一番ビックリしました。もしこのまま数値がどんどん上がってしまったら、大人も子どもも飲食には使えず、手洗いにも使えず、洗濯にも使えず、お風呂にも使えず、料理にも使えずってことになるんですもんね。生活から水を絶たれることの恐怖を味わいました。

ということで、我が家では相変わらず水道水のお水でお湯を沸かし、お茶やコーヒーを飲んでます。「さ~て、放茶能(ほうちゃのう)でも飲もうかな♪」と言いながら(笑)まあ、毎日がぶ飲みさえしなければ大丈夫でしょう、ということで。とはいえ、ふと疑問が。大地震が起きる前の水道水1キログラム当たりの放射性ヨウ素の数値ってどれぐらいだったのかな?と。ゼロだったのかしら??発表されていた210~190ベクレルぐらいの数値から比べれば、79ベクレルになったことで改善されたんだなとは思うのですが、それが以前に比べてどれぐらい多い数値なのか?以前のレベルに近い数値なのかどうかが知りたいのですが、ちょっと検索しただけでは調べられませんでした。気になる・・・・。

昨日は偶然久しぶりにママ友に会ったのですが、1歳1ヶ月になった子どもがいるんですよね。1ヶ月早く生まれたばっかりに、区で配られるミネラルウォーターをもらうことが出来ず、「げっ!」と思ったそう。1歳過ぎてても体がまだまだ小さいのでできるだけ安全な水を飲ませたいと思い、開店前のドラッグストアへ行ってみたら、すでに長蛇の列でびっくりした、という話をしていました。赤ちゃんのいる家庭では、もはや死活問題ですよね。ミネラルウォーターの購入は、乳児がいる家庭を絶対優先すべきで、それ以外の人が自分が飲むためになんていって買い占めるのは言語道断!と思っちゃいました。東京都以外でも、水道水からヨウ素が検出されてきていますし、当分はミネラルウォーターを買えないと思っていた方が良いみたいですね。

さて、話は変わり。
相変わらず、計画停電は続いていますね。GW頃に一旦止めて、夏頃にまた計画停電を実施します、なんてことを言っているようですが、東京は6月頃にはもう半袖になるぐらいの暑い日があったりするので、1ヶ月ぐらいしか間が空かないということになります。だったらもう、いっそのこと当面の間、計画停電は続けますでもいいんじゃないかと思ったりしました。無いと言っていたのに、急にやりますと言われるのが一番困りますから。

公共機関を始め、スーパー、企業などでも節電に努めていて、照明をかなり暗くしての生活が続いています。極論ですが、最初からみんんがこんな風に節電を心掛けた生活をしていれば、原発なんて作らなくても良かったのでは?なんて思うのですが。必要以上にキラキラさせたり、商品を明るくてらす必要は全くないと思います。

ニュースで見たら、途上国の国からも物資の支援などの申し入れがあったのだとか。日本からたくさんの援助を受けた国が、恩返ししたいと申し出ている話を聞いて、世の中、捨てたもんじゃないかもと思いました。借金だらけの国なのに、たくさんの援助をして援助大国だった日本。なんで借金しながら他国の援助なんかしてるんだろうと思ったこともありましたが、こういう形で恩返しがあったりすると、あながち間違っていなかったのかしらなんて思えたりしますね。見返りを求めて援助していたわけではないと思いますが、諸国がいろんな形で日本を助けようと動いてくれていることには日本人として深く感謝したい気持ちでいます。

先日は、地域の町会で東北関東大震災の募金を集めているということで、少ないですがいくらか募金してきました。個人で出来ることは限られていますが、私も出来るだけ協力していきたいと思っています。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)


 


下の本は、私が以前ブログで紹介したことのある学習まんがです(ブログ記事はこちら)。この本を事前に読んでいたおかげで、今回の大震災の前に少しですが備えることができました。まさかこの本の内容と同じような光景をテレビで見ることになるとは思いませんでしたが。。。参考になることも書いてありますので、改めて紹介しますね。機会があれば親子で読んでみて下さい。


ぼくの街に地震がきた―大震災シミュレーションコミック
ぼくの街に地震がきた―大震災シミュレーションコミック名古屋 裕 国崎 信江 目黒 公郎

ポプラ社 2006-02
売り上げランキング : 206250


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




09:15 その他雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示