06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

『かってなくま』 / 佐野 洋子

2011/02/21
口は悪いが、憎めないクマ

かってなくま
かってなくま佐野 洋子 広瀬 弦

偕成社 2000-10
売り上げランキング : 380853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かばんうりのガラゴ いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」 おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ) 星のひとみ (こどものための世界童話の森) 王さまと九人のきょうだい―中国の民話 (大型絵本 (7))


森の奥に住む、クマのお話。

ある日、突然草むらを耕し始めたクマ。そんなクマの行動を不思議に思い、森の動物たちが質問します。ところが、「かってだろ」「いそがしいんだ」などと、なんともぶっきらぼうなクマの返事。意地の悪いクマのお話なのかと思いきや、実は口は悪いが、憎めないクマだったんですね。読み始めの印象が悪かっただけに、後半のクマに対する印象は、かなり好感度アップしました。

見かけからは想像の付かなかった、クマからのプレゼント。みんなの質問にぶっきらぼうに答えていたのは、サプライズのプレゼントだったからなんだね。

本当は、とても優しい心の持ち主だったクマ。「人は見かけに寄らない」ということを、クマを通して感じさせてくれる、素敵な作品です。読み終えてから、1ページ目の空を見上げているクマの絵をあらためて見ると、クマの優しさが伝わってくるような気がします。





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・さ【佐野洋子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示