08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

『だってだってのおばあさん』 / 佐野 洋子

2011/02/19
念ずれば花開く

だってだってのおばあさん
だってだってのおばあさん佐野 洋子

フレーベル館 2009-01
売り上げランキング : 27140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おじさんのかさ (講談社の創作絵本) おれはねこだぜ (講談社の創作絵本) 空とぶライオン (講談社の創作絵本) ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本) きんようびはいつも


「だって わたしは おばあちゃんだもの」

という言葉が口癖の、98歳のおばあさんのお話です。あれもこれも、「だって、おばあちゃんだもの。」で済ませてしまうおばあさん。口癖が言い訳っぽく感じられたりするのですが、まあ98歳なら仕方がないかな、と思っていたんです。

ところが99歳の誕生日、おばあさんはなんと5歳になっちゃいます!そのきっかけが、誕生日ケーキのろうそくが5本だったこと。ケーキのろうそくが5本ということで、おばあさんは、「わたし 5歳になったのよ。」と大喜び。

おばあさんだからと拒絶していた、魚釣りや、川へ入ることなども、「5歳だから」ということで次々にこなしてしまう姿には、思わず笑わずにはいられませんでした。おばあちゃんだと思うから、出来なかったんですね。5歳だと思った瞬間、どんどん出来ちゃうとは。思い込みがこんな風にプラスの方向へ働くとは、思わぬ展開でした。「念ずれば花開く」ではありませんが、気の持ちようで、こんなにも変われるものなんだなと気付かされました。

さすがに99歳が5歳になれるようなことは、絵本の世界だけだとは思いますが、これぐらいの意気込みをもって物事にぶつかっていけたら、きっと自分の殻を破って突き進めるんでしょうね。ポジティブなおばあさんに、あやかりたくなる素敵な作品です。


※小学2年生の国語「学びを広げる」(三省堂)掲載作品です。





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:00 ・さ【佐野洋子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示