07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

映画の紹介『クロエ』

2011/02/07
先日、観た映画をご紹介します。


胸に宿った睡蓮の蕾。
蕾の成長とともにふたりの運命も変わっていく・・・


クロエ デラックス版 [DVD]
クロエ デラックス版 [DVD]利重剛

パイオニアLDC 2002-10-25
売り上げランキング : 9758

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD] ゴーストワールド [DVD] CUT [DVD] プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD] BeRLiN ベルリン [DVD]


2001年6月公開の映画です。
第51回ベルリン国際映画祭(コンペティション部門)、ブカレスト国際映画祭、モスクワ国際映画祭、リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭、ストックホルム国際映画祭に正式招待あるいは出品された作品。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


高太郎とクロエの出会い、初めてのデート、結婚と、とても幸せな時間が続きます。彼らを取り巻く友人達も幸せそう。そんな幸せな時間が流れている中、突然、デートの途中で気を失い倒れるクロエ。病院の検査で見つかったのは、クロエの右肺を圧迫している睡蓮の蕾。手術で摘出するも、もう一方の肺にも睡蓮の蕾の影が・・・。手術した肺は、機能停止状態になっており、これ以上の手術は体力的に無理と判断され、クロエは自宅での闘病生活が始まります。

手術後、花瓶に生けていた摘出した蕾。偶然、その蕾に花束を近づけた高太郎は、花束を近づけると蕾の成長が止まることに気付きます。部屋中に花を飾ることで、クロエの病状は徐々に快復の兆しを見せます。しかし、仕事を解雇されてしまった高太郎は、花の代金を得るために危険な仕事をしたりと、必死に働くことになり、クロエとともに過ごす時間が失われていきます。

序盤、高太郎もクロエも周りの友人達も、みんな幸せだったのですが、クロエが奇病に侵された辺りから徐々に幸せの歯車が狂い始めます。

肺に睡蓮の蕾が宿る奇病って、何!?とても不思議な設定なのですが、クロエがいつも優しい笑顔で存在しているからか、死に対する恐れや恐怖というものはほとんど感じられず、不思議な空間の中で時が流れていきます。クロエが過ごしている自宅の部屋は、光がとてもきれいに演出されていて、闘病中であるにも関わらず、クロエの優しさや幸せを感じさせるんですよね。

この作品のモチーフとなったのは、”現代の恋愛小説の中で、もっとも悲痛”と謳われたボリス・ヴィアンの「日々の泡(うたかたの日々)」なんだそうです。監督の利重剛はこの小説を、現在の架空の大都市に舞台を移し、全く新しい作品として見事に映像化、”人にとっての幸せとは?”といった、シンプルで普遍的なテーマを投げかています。

”幸せとは何か?” クロエの姿が、なんらかのヒントになっているような気がします。正直、私にはちょっと難しい作品だったのかも。『殯の森』を観た時も思いましたが、海外で高く評価されている作品って、私は理解できないことが多いです

高太郎役の永瀬正敏、クロエ役のともさかりえ、2人の笑顔と涙がとても印象的な作品でした。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示