01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『海の光』 / 緒島 英二

2010/12/07
「…きっと、どんないのちにも、うまれたときからこんなひかりがある。だからな、ふみや。どうでもいいものなんて、どこにもひとつもないんだよ」  おじいちゃんはぼくにいのちのひかりをみせてくれた。

うみのひかり (教育画劇 みんなのえほん)
うみのひかり (教育画劇 みんなのえほん)緒島 英二 土田 義晴

教育画劇 1997-06
売り上げランキング : 849975

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小3息子の国語の教科書に載っていた作品です

もうすぐお兄ちゃんになる小学生の男の子、「ふみや」が主人公。初めは、お兄ちゃんになれることが嬉しかったふみや。けれど、お父さんもお母さんも赤ちゃんのことで頭がいっぱいで・・・

そんな中、ふみやは1人、おじいちゃんの家に預けられることに。おじいちゃんとのやりとりの中で、ふみやは大切なことを学んでいきます。ふみやの心の叫びを感じつつ、穏やかに語りかけるおじいちゃんの姿、おじいちゃんから発せられた言葉は、読み手の心にも響いてきます。

ふみやが本当の「お兄ちゃん」になるまでの、複雑な心境を描いた作品。これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになるお子さんに読んで欲しいのはもちろんですが、そういうお子さんをお持ちの親御さんに是非読んで欲しい作品です。きっと複雑な心境のお子さんの気持ちを察することが出来ると思いますよ。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





08:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示