04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『チェブラーシカ』 /エドゥアルド・ウスペンスキー

2010/03/27
「友達の家」の発想はすばらしい!

チェブラーシカ (おひさまのほん)
チェブラーシカ (おひさまのほん)エドゥアルド・ウスペンスキー

小学館 2007-11-02
売り上げランキング : 42123


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


かわいらしい絵に惹かれて手に取った絵本です。「チェブラーシカ」は、ロシアの国民的キャラクターなんですね。とにかく、絵がとてもかわいいです。

「名前のない動物」が出てくるところでまず、意表をつかれます。そして、動物園でワニらしくしているワニは、実は仕事でワニをしている、というところで、またまた意表をつかれます(笑)そんなワニが、友達を募集することにして・・・

お話は、大人が想像できないような方向へ進んでいきます。「友達の家」を建てるという発想は、すごくいいなと思いました。息子に読み聞かせてみましたが、特に反応がないように思えたのですが、何度か「読んで~」と言われたので、何かしら心に残る場面があったのだろうと思います。子供が友達の存在を考える良い機会になったようにも思いました。

この絵本を読んだのは、テレビアニメ化される前だったのですが、後からテレビで見かけた時は、息子と二人で思わず「あ!」と言ってしまいました。かわいらしいキャラクターは、世界中で受け入れられるんでしょうね。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:30 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示