04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『からすたろう』 / 八島太郎

2010/02/28
心に響く1冊

からすたろう
からすたろう八島 太郎

偕成社 1979-05
売り上げランキング : 73763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9) あまがさ (世界傑作絵本シリーズ) おじさんのかさ (講談社の創作絵本) つりばしゆらゆら (あかね幼年どうわ) 少年と子だぬき (おはなし名作絵本 30)


学校で「ちび」と呼ばれていた一人の男の子のお話です。みんなと同じようにできないということで、放っておかれたり、のけ者にされたり。。けれど、6年生になった時に出会った先生によって、「ちび」は救われるのです!

時代背景がとても古いのと、いじめというものを実感したことの無い息子にとっては、内容的にはあまりピンとこなかったようですが、「ちび」が寂しい思いをしていることは伝わったようで、真剣な面持ちで最後まで聞き入ってくれました。

からすの鳴き声を見事に模写できるようになった経緯や、どんなに辛くても休まずに学校へ通いつづけた「ちび」の気持ち が、涙を誘います。大人が読んでも心に響く一冊です。

これは作者が子供の頃に体験した実話が基になっているようです。作者さんのことをネットで調べてみたところ、いろんな情報があって、びっくりしました。アメリカでは有名な方なんですね。日本で名が知られていないのは残念だなって思いました。

こういう心に響く絵本はどんどん子供たちにも読んで欲しいと思います。学校の図書室、教室の書棚に是非、置いてもらいたい一冊です。


※小学4年生国語の教科書(三省堂)掲載作品です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


09:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示