07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『ふたり』 / 唐沢寿明

2009/12/08
俳優、唐沢寿明のミリオンセラーエッセイです。

ふたり (幻冬舎文庫)
ふたり (幻冬舎文庫)唐沢 寿明

幻冬舎 1998-08
売り上げランキング : 61803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
相性 (小学館文庫) イン・ザ・ヒーロー [DVD] 手紙の行方―チリ 蒼い時 文庫編集部 (集英社文庫 126-A) 「イン・ザ・ヒーローの世界へ」俳優・唐沢寿明の守護霊トーク (OR books)


自分の生まれ育った環境、家族のこと、役者の下積み時代のこと、そして有名になってからのこと。外見からは想像の付かない一面がストレートに書かれていてちょっとびっくり。本名「唐沢潔(きよし)」としての人格と、世間に受け入れられた役者「唐沢寿明」としての人格。そのギャップに葛藤するさまは、当たり前なんだけど役者もやっぱり人間なんだよなあ~なんて考えさせられます。

NHKの朝の連ドラ「純ちゃんの応援歌」以降の話は、彼の活躍ぶりを私自身テレビを通じて知っているだけに、テレビからは見えてこない事実や、報道される側の気持ちも見て取れて、なかなかの読み応えになっています。

幼いときに映画館で出会ったブルース・リーという人物。そのブルース・リーに憧れて、役者の道に進みたいと一途に思い続ける気持ち。様々な問題に直面しながらも役者として成功していく唐沢寿明のサクセスストーリーとも言える1冊。今まさに夢を持って頑張っている人が読んだら、かなり元気づけられると思います。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・【芸能人の本】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示