02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『ファザーファッカー』 / 内田春菊

2009/11/26
今回も、以前読んだ本の紹介になります。今回はこちらです!

ファザーファッカー (文春文庫)
ファザーファッカー (文春文庫)内田 春菊

文藝春秋 1996-10
売り上げランキング : 144234

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS) 私たちは繁殖している (12) (ぶんか社コミックス) 私たちは繁殖している (4) (ぶんか社コミックス) 私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由 私たちは繁殖している (10) (ぶんか社コミックス)


なんか懐かしい感じです。一時、内田春菊さんの本ばかり読み漁ってました

こちらは、1993年発表のベストセラー作品になります。衝撃的な内容、内田春菊の出世作でもあります。『15歳の時、私は娼婦だった』というキャッチで、この衝撃的な内容が伝わるでしょうか?読み進む程、なんで?なんで!?の嵐。

こんな家族があっていいの?偏ったスパルタ教育の育ての父、父の僕(しもべ)と化している実母、調子のいい妹、そして静子。家族と呼べない家族がそこにあった。-----その家は売春宿だったのだ。

16歳で家を飛び出し、大人になった静子が、自分が過ごした16歳までの記憶に残る物語を、改めた内容で書かれています。衝撃的な内容はまさに子供には見せられないようなことばかりですが、家を飛び出す日まで”自分”を持ち続けた静子には共感できます。

大人の嫌な面を全て見せられたようなこの作品。内田春菊さんのストレートな表現がより過酷さを出しています。 映画化もされているんですね。興味のある方は是非。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)





09:00 ・【その他の著者】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示