07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『きょうりゅう一ぴきください』 / 竹下文子

2009/10/11
もし恐竜が我が家にやって来たら!

きょうりゅう一ぴきください (おはなしカーニバル)
きょうりゅう一ぴきください (おはなしカーニバル)竹下 文子 高畠 純

偕成社 1994-07
売り上げランキング : 715086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
わらしべ長者―日本民話選 (岩波少年文庫) ピトゥスの動物園 学校ウサギをつかまえろ (創作こどもクラブ)


恐竜が好きな息子にと選んだ本です。ジャンルで言えば、絵本というより幼年童話だと思いますが、文はひらがな、絵がほとんどなので、絵本のような仕上がりで、とても読みやすいです。ひらがなが読める子だったら、1人でも読めちゃいます。音読の練習にもいいと思います。

内容は、クリスマスには本物の恐竜が欲しいという、男の子の妄想のお話(笑)読み終えて思ったのですが、まるでうちの息子が主人公なのかと思いました。もし恐竜がうちにいたら、あんなことやこんなことをして・・・という妄想は傍目には楽しく、けれど本人はいたってまじめに語っているところがとても面白く、息子にも好評でした。

この本を読み終えた後、主人公の男の子と気持ちを共有してしまった息子は、「今度のクリスマスには、恐竜がいいな!」と言い出し、早速手紙を書いていました。

子供の純粋な気持ちが、とても微笑ましい1冊です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



08:00 ・た【竹下文子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示