05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『ざりがに』  /吉崎正巳

2009/10/03
薄いのに良く解かる1冊

ざりがに (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
ざりがに (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)吉崎 正巳

福音館書店 1973-04-01
売り上げランキング : 276504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かぶとむしはどこ? (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) ぼく、あぶらぜみ(かがくのとも傑作集) あげは (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん) たんぽぽ (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)


息子にザリガニ・ブーム到来中の時に読んだ一冊です。

まるで自分でお絵かきしたかのような絵のタッチに親しみが湧きます。けれど、よく描かれていて、まるで生きているかのようです。
微妙にストーリー性を持たせつつ、季節を追って描かれているので、楽しみながらザリガニの生態を知ることができるのがすごいです。

お話の中盤で、「これから ざりがにの けっこんしきが、はじまるのだ。」と書かれていて、ちょうどうちで飼っているザリガニが交尾をしたばかりだったので、息子は「だから、うちのザリガニも結婚してたんだ!」と大興奮。読み聞かせた時期もタイムリーだったようです。

裏表紙に描かれている、深い巣穴に潜っているザリガニの絵も息子のお気に入り。薄い絵本なのにいろんなことを教えてくれた一冊でした。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

08:00 ・虫・生き物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示