01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『おんぶかあちゃん』 / 近藤薫美子

2009/09/15
先日、「くものお母さん」という主人の寝言の記事を書かせてもらったのですが、それで思い出したのがこちらの絵本になります

おんぶかあちゃん
おんぶかあちゃん近藤 薫美子

アリス館 2004-04
売り上げランキング : 777821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息子が大好きな近藤薫美子さんの絵本です。タイトルの「おんぶかあちゃん」とは、ウヅキコモリグモの母親のこと。この絵本は、ウヅキコモリグモの育児日記になっています。とはいえ、子供をおんぶしている日数は、たった10日前後なんですね。でも、その短期間の間にも、いろんなドラマがあったりするんですよね。

漫画チックに描かれていますが、楽しみながらウヅキコモリグモの生態がわかる内容になっていて、息子にはとても興味深かったようです。ただ、本物のウヅキコモリグモは大人で5~10ミリ、子供は約2ミリととても小さいので、実際に観察できる機会はほとんど無いのが残念です。

クモの子供たちにはそれぞれちゃんと名前が付けられている ので、ページが変わっても、その子を見つけ出す楽しみがあったりします。息子は、泣き虫のシズクと、寝てばかりいるゴンが気に入ったようで、ページをめくって探し出しては、ゲラゲラと笑っていました。

最後のページで、子供たちが風に乗って旅立つシーンがあるのですが、「こんなふうにクモが飛んでいくんだ」と興味深げに見入っていました。クモの生態を知る良い機会となりました




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・こ【近藤薫美子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示