03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『ジロジロ見ないで』 / 高橋聖人・茅島奈緒深

2009/09/12
今回ご紹介する本はこちらです。

ジロジロ見ないで―“普通の顔”を喪った9人の物語
ジロジロ見ないで―“普通の顔”を喪った9人の物語高橋 聖人 茅島 奈緒深

扶桑社 2003-11
売り上げランキング : 107965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
笑顔で生きる 「容貌障害」と闘った五十年 (講談社+α文庫) てるちゃんのかお 顔がたり―ユニークフェイスな人びとに流れる時間 べてるの家の「非」援助論―そのままでいいと思えるための25章 (シリーズ ケアをひらく) 子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話


図書館で偶然に出会った1冊になります。「ジロジロ見ないで」という背表紙のタイトルに惹かれて手にとり、表紙の写真を見て、タイトルの意味を理解しました。

これは、”普通の顔”を失った9人の物語。その原因は様々。生まれつきのアザや病気であったり、ヤケドだったり・・・治せるものだったら治したい。けれど、手術や治療で治すことの出来ない”それら”を背負った彼らは、見た目が普通と違うというだけで、人から好奇な視線を向けられ続けています

そして、彼らを取り巻く環境はとても厳しいという現実があります。学校での生活、就職、恋愛など、私たちが当たり前のように経験する様々な出来事でも、彼らは差別やいじめを受けているのです。日々辛い思いをしている彼らが、苦しんだり考えたり、必死に現実に向き合って歩んできた事実が、この1冊に詰まっています。

読んでみて最もインパクトがあった方は、阿部更織さんでしょうか。彼女には、全身の体毛ががありません。原因は、「円形脱毛症」。円形脱毛症といえば、10円ハゲのイメージしかなかった私。実際には、10円程度の脱毛で済む場合もあれば、徐々に髪の毛が抜けていくケース、さらに、眉毛やまつげ、腕や手足など、全身の脱毛が見られるケースがあるらしいです。

実は、私の息子が幼稚園へ通っていた時、息子と同じクラスに、全身の毛が抜けている男の子がいました。阿部更織さんと同じケースだと思います。仮にKくんだとしましょう。Kくんは、髪の毛、眉毛、まつげが1本もありませんでした。入園時の保護者会の席で、お母さんがKくんの容姿のことを大変気にして、もしお子さんからKくんのことで質問が出たら、病気なんだよ、とはっきり伝えて欲しいと要望されたことを憶えています。

その効果があったのでしょうか、Kくんは特にいじめられるでもなく、差別されるでもなく、普通にのびのびと幼稚園児代を過ごしていたと思います。私自身、息子が、Kくんの髪の毛について疑問を持った時も、はっきりと「病気なんだよ」と伝えていましたし、Kくんが男の子だということもあって、「かっこいいよね!」という表現をしたこともありました。

息子に限らず、同じクラスの子達が、Kくんに対して差別することなく、自然体で接する様子を見て、外見で人を判断しない子供達は、大人の数倍、人間が出来てるなと感じたものです。

さて、本を読み終えた方はどうしても知ることになるのですが・・・阿部更織さんは、この本の写真と原稿が完成した直後、自殺してしまったそうです。本が出版される、数ヶ月前のことです。いろいろ思うところはあったのだろうと思います。ジロジロ見られるということに敏感になっている彼らが、あえて写真に顔を出し、自らを公表し、世間からジロジロ見られる土俵に上がるということ。私たちの想像をはるかに越えるレベルの勇気が必要だったのではないでしょうか。

そんな勇気を持っている彼らだったからこそ、本に自分の体験を綴ることが出来ただろうし、写真も掲載することが出来たのだから・・・阿部さんには、その強い志を抱いたまま、生きていて欲しかったと思わずにいられません。

この本を読んで尚、あなたは人を外見で判断しますか?判断できますか?きっと心に残る1冊になると思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)


08:43 ・【その他の著者】 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
NO TITLE
 はじめまして、おりえと言います。
 履歴からお邪魔させて頂きました。
 実は以前この本を本屋さんで見かけ読みたいと思いつつも忙しさに紛れ購入しなかったのですが、最近この本を思い出し読みたいと思いつつも題も出版社も全然憶えていなかったのでこちらで拝見出来て助かりました。
 早速図書館で借りてこようと思います。ありがとうございます。
Re: NO TITLE
●おりえさんへ

わざわざお越しいただき、ありがとうございます^^
後で読もう!と思って忘れてること、私もよくあります。
私のブログが少しでもお役に立てたようで嬉しいです。

今私は、綿矢りささんの「インストール」を読み始めたところです。
おりえさんのブログを拝見していたら、ちょうど「インストール」の記事があって、
ネタバレがありそうだったので逃げてきました(笑)
私がまだ読んでいない本のレビューがたくさんありましたので、また伺いますね。

管理者のみに表示