02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』

2009/08/24
進化の過程が楽しめます 我が家の蔵書です

大むかしの生物 (小学館の図鑑NEO)
大むかしの生物 (小学館の図鑑NEO)日本古生物学会

小学館 2004-11
売り上げランキング : 11362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
水の生物 (小学館の図鑑NEO) 両生類・はちゅう類 (小学館の図鑑NEO) 岩石・鉱物・化石 (小学館の図鑑NEO) 地球 (小学館の図鑑NEO) 人間・いのちの歴史 (小学館の図鑑NEO)


恐竜が大好きになった息子が、そこから飛躍して次に興味を持ち出したのが大昔の生物たちのことです。この図鑑には恐竜を含めた大昔に生存していたさまざまな形の生物がたくさん登場してきて、ページをめくる度に「こんなのも生きていたんだ!」というものばかりで、息子も私も興味深く見入ってしまいました。

時代が進むにつれ、現代の生物の形にだんだん近づいていく過程もわかり、進化の過程で登場した動物たちもすごく興味深かったです。子供だけでなく、大人が見ても十分楽しめます。色彩もとてもきれいで見やすいし、説明に出てくる漢字には全て振り仮名があり、子供1人でも読めるのが良いですね。

この図鑑のおかげで、息子は一段と恐竜時代のことが詳しくなりました。何度も見返して、いろんな生物の名前をたくさん覚えた息子。親も知らないような生物も覚えたことが嬉しいらしく、ちょっと自慢げのようです。当初、図書館でこの図鑑を借りていたのですが、今では購入し、我が家の蔵書となっています。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

07:00 ・恐竜の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示