03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『にぎりめしごろごろ』 / 小林 輝子

2009/02/13
岩手の方言がまたいい感じ

にぎりめし ごろごろ (こどものとも傑作集)
にぎりめし ごろごろ (こどものとも傑作集)小林 輝子 赤羽 末吉

福音館書店 1994-01-20
売り上げランキング : 371962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こぶじいさま(こどものとも絵本) かさじぞう(こどものとも絵本) かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ) くわずにょうぼう (こどものとも傑作集) したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)


絵本のタイトルから、てっきりネズミの出てくる「おむすびころりん」と同じ内容のものかと思ったのですが、 このお話にはネズミは出てきません。おむすびころりんのお話には、いろんなバリエーションが存在するらしく、このお話もそのなかの一つなのかなって思います。

じぞうさまやおにが出てくるところは、いかにも日本の昔話って感じですよね。文章が読んでいて東北訛りっぽい気がしたのですが、作者が岩手県在住の絵本作家と知り、納得。独特の言い回しが逆に新鮮で、楽しく読ませてもらいました。方言にあまりなじみの無い息子には、ちょっと聞き取りにくかったりしたようですが、絵を見ながら内容は把握できたようです。

お話も良いのですが、絵のタッチが日本の昔話にとても合っていて、今にも動き出しそうな感じがして、思わず見入ってしまいました。息子のお気に入りのシーンは、たくさんの鬼がおどうっこの前に集まってきたシーンです。鬼たちの表情もなんともいえず良かったです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ

09:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示