09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『恐竜トリケラトプスとアロサウルス』 /黒川 みつひろ

2009/01/12
読むたびに恐竜を知ることが出来ます
恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち)
恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻 (たたかう恐竜たち)黒川 みつひろ

小峰書店 2003-07
売り上げランキング : 275116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち) 恐竜トリケラトプスとティラノサウルス―最大の敵現れるの巻 (恐竜の大陸) 恐竜トリケラトプスと巨大ガメ アーケロンの海岸の巻 (恐竜の大陸) 恐竜トリケラトプスと恐怖の大王―たたかう恐竜たち (たたかう恐竜たち) 恐竜 トリケラトプスジュラ紀にいく―驚異のジュラ紀で大活躍の巻 (恐竜の大陸)


たたかう恐竜たちシリーズ、第4作目!トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。絵がリアルすぎず、可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

アルケオプテリクス(始祖鳥)からの連絡により、ジュラ紀クレーターで起きている事態を知り、救済のために新天地を後にしたトリケラトプスたち。ジュラ紀クレーターではステゴサウルス親子との再会、そしてすぐにアロサウルスとの戦うシーンもあります。

男の子はやっぱり戦いのシーンが好きなようですね。1冊のストーリーの中に必ずトリケラトプスの戦いのシーンが入っているので、期待を裏切らないシリーズ絵本になっています。

このシリーズ絵本は、ストーリーが終わった後、必ず登場した恐竜の詳しい解説があり、恐竜のこともしっかり知ることが出来ます。絵本を読むたびに新しい恐竜を知る喜びもあってか、息子のお気に入りのシリーズとなっています。恐竜好きの子なら、きっと満足できる内容だと思います。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:00 ・く【黒川みつひろ】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示