09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『きみの家にも牛がいる』 / 小森 香折

2009/01/02
新年 明けまして おめでとうございます!
本年も どうぞ よろしく お願いいたします

今年は丑年ということで、この絵本のご紹介からのスタートです!

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)
きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)小森 香折 中川 洋典

解放出版社 2005-10
売り上げランキング : 346332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本) うちは精肉店 もーおーうしです! (エルくらぶ) いただきまーす! (エルくらぶ) 絵本もうひとつの日本の歴史 (エルくらぶ)


タイトルに惹かれて、思わず読んで見た絵本です。

牛には乳牛と肉牛がいること。牛を肉の形にしてくれる人がいること。肉は初めから「ある」ものじゃなくて、いろいろな人の手を借りて「つくられる」ものだということ。そして、牛は丸ごと一頭、どこも捨てることがない動物だということ。

一頭の牛が日常生活のいろんなところにいろんな形で使われているという事実に、大人の私が読んでもびっくりする内容でした。確かに、私の家にも牛がいました!!

息子は、乳牛と肉牛がいることを知り、そして、牛が解体されていく絵を見て、すごく驚いていました。なんとなくは解かっていても、
そういう様を見せられると衝撃的だったようです。まるで工場見学に行ったような感覚でした。

牛の命にとても感謝したくなる1冊です。絵本のタイトルの意味がよーくわかる内容でした。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・学べる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示