03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『おもしろくてやくにたつ 子どもの伝記』シリーズ

2008/12/19
大人が読んでもおもしろいです!

野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))
野口英世 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (1))浜野 卓也

ポプラ社 1998-07
売り上げランキング : 107572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) ヘレン・ケラー (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) ライト兄弟 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記 (4)) キュリー夫人 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) 福沢諭吉 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)


この本を見つけたいきさつは、実は、私自身が読むためだったんですね。子どもの頃から本を読むのは好きだったのですが、なぜか伝記物はずっと読む気になれなくて、今に至ってしまった経緯があります。大人になった今、さすがに教養の一部として過去の有名な方の生涯を知っておくことは必須なんじゃないかと思いたち、伝記物が苦手な自分でも読めそうな伝記の本はないかなと探していて、見つけたのがこのシリーズです。

読み出してすぐに思ったのですが、このシリーズは本当に読みやすいです!子供向けに書かれていることもありますが、取っつきやすい文章、かといって文面が乱れているわけでは決してなく、これぞ理想的な児童書って感じですね。表からも裏からも読めるようになっていて、表からは、純粋に人物の一生が文字で淡々と綴られています。一方、裏から読むと、絵や写真、年表などでその人物を簡単に知ることができるようになっています。本を読めばわかる、人物に関わるクイズもあったりして、ものすごくわかりやすかったです。

このシリーズを数冊、図書館から借りてきてトイレで少しずつ読み進めていたのですが、ある日、小1の息子が一言、「おもしろいから、今度はファーブルも借りてきて!」と。いつの間にか、息子もこの伝記を読んでいたようです。文章の量的に、小学低学年の息子が読むには難しいかなと思っていたのですが、出てくる漢字には全て読み仮名がふってありますし、ストーリーさえわかれば、どんどん読めちゃうものなんですね。我が家では、親子でお墨付き!のシリーズです。できたら買い揃えたいなと思っています。



☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)



09:00 ●児童書・学習まんが | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示