07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『地下鉄のできるまで』 / 加古 里子

2008/10/25
大人も感心させられる1冊

地下鉄のできるまで (みるずかん・かんじるずかん)
地下鉄のできるまで (みるずかん・かんじるずかん)加古 里子

福音館書店 1987-10-30
売り上げランキング : 140951

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あなたのいえわたしのいえ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん) か わ (こどものとも絵本) どうぐ (かがくのえほん) 地球 (福音館の科学シリーズ) 宇宙 (福音館の科学シリーズ)


乗り物大好きな息子にと思い、読んでみました。地下鉄の工事の進み方がすごく詳しく説明してあって、「地下鉄って、こうやってつくってるんだ」と、子どもと一緒に親も勉強になります。

工事現場ですので、難しい専門用語、聞いたことのない言葉や名称がたくさん出てきます。読み聞かせた当時、5歳だった息子には難しすぎて興味がもてないのでは?と思っていたのですが、絵の細かいところを指差して「ここにガス管があるよね」とか、「道路の下で工事してるの?」などと質問してきたり、本を読み終えてからは、「シールド掘削機」なんていう言葉がさらっと出てきて、子どもなりに理解してるんだなあと感心させられました。

地下鉄工事の着工から始まり、地下鉄の開通式のテープカットまで細かく描かれています。個人的には、地下鉄の電車はどうやって地下に入るのかを知ることができ、謎が解けてすっきりしました。大人にとっても読み応えのある1冊です。


※小学1年生の教科書(三省堂)の掲載作品です。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・か【かこさとし】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示