02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『ふねがきた!』 / 笠野裕一

2008/08/31
絵を見てるだけでも充分です

ふねが きた! (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
ふねが きた! (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)笠野裕一

福音館書店 2010-07-15
売り上げランキング : 117415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集) ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) でんしゃはうたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ) でんしゃでいこうでんしゃでかえろう おふろやさん (こどものとも傑作集)


息子が図書館で見つけた絵本です。

「ふねがきた!」のタイトルどおり、1艘のフェリーが港にやってきます。いろんな荷物・人・車、さまざまなものを運んできた船。今度はカラになった船の中に、いろんな荷物・人・車、さまざまなものを乗せて、また出港!

たったそれだけのことを淡々と表現されている絵本ですが、船がやってきた時の港のにぎわい方、嬉しそうな子供たち、船が来るのを待っていた人達、港で働く人の姿、そういうところを見ているだけで、この船がどれだけ大事な物を運び、大事な役割を担っているのかというところまで感じられ、説明文は無いけれど、絵だけで子供でも大人でも、何かしら感じて学べる内容になっていると思います。

やんわりとした細い線で描かれている絵も良かったですし、この船のモデルになった船がある というのも、とても興味深かったです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


09:00 ・乗り物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示