09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』 / 土屋 富士夫

2008/06/19
なんだか焦っちゃう1冊

もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう
もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう土屋 富士夫

徳間書店 2000-01
売り上げランキング : 11889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よりみちエレベーター しゃっくりがいこつ 歯がぬけた (わたしのえほん) カバ!じゃない、サイ! (ほるぷ海外秀作絵本) はなくそ


絵本のタイトルの”もっちゃう”という響きにつられ、ついつい手に取ってみた1冊。表紙の絵を見ただけで、何のことかピンときますよね。

おしっこがしたくて、デパートにやって来たひでくん。受付でトイレの場所を教えて貰うも、修理中で使えません。これだけでもひどいなあ、と思うのですが、エレベーターに乗れば屋上まで止まらなかったり、動物たちに教えて貰ったトイレは特殊なものばかりだし、たび更なる試練が続きます。でもこれがまた笑えるんですよね。

個人的に一番笑えたのは、突然くす玉が割れて、ひでくんがラッキーなお客様に選ばれたところかな。大人でも思わず笑ってしまうことばかり続きます。読み聞かせるスピードも、いつの間にかだんだん早くなっていきます。

息子は最初、ニタニタしながら聞いていましたが、どんどんトイレが遠ざかっていくのがわかると、 「もっちゃう、もっちゃう!」 という声を聞くのが嫌なのか、両手で耳をふさいだりしていました。どうやら、ひでくんの緊迫感が伝わってきたようです。最後のオチは、ちょっとややこしかったかな?でも、ひでくんがすっきりできたのには親子でホッとしました。

ここまで酷くないにしろ、誰もが経験したことのあることだけに、親子で楽しく読ませてもらいました。楽しい1冊です。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ



09:15 ・ユニークな展開の絵本 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
以前 地元のお話会で読まれたことがありました。
特に エレベーターの場面や くす玉の場面では
観客の子ども達は大笑い!(^◇^)
大人だって こんなときは辛すぎますよね~!(笑)

私も、この本は 読み進めていくにつれ
どんどん読むスピードアップしちゃってます。
やっぱり、ついつい感情込めちゃって・・・(^^ゞ
nadeshikoさん、コメントありがとうございます♪
誰でも経験があるだけに、感情移入しちゃいますよね(笑)
そして、なぜだか笑っちゃいます^^

地元のお話会っていうのがあるんですね~。
うちの地域だと、図書館で毎週1回、お話会があります。
それから月1回、息子が卒園した幼稚園で絵本の会というものが
行われていて、不定期ですが参加しています。
いずれも参加者がまばらで、ちょっと寂しい限りですが、
そういう会って、いろんな絵本にであえるのが楽しみですよね!

管理者のみに表示