05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『ぼく、おつきさまがほしいんだ』 /ジョナサン・エメット

2008/05/23
ワクワクドキドキ感が詰まってます
ぼく、おつきさまがほしいんだ
ぼく、おつきさまがほしいんだジョナサン エメット ヴァネッサ キャバン

徳間書店 2002-09
売り上げランキング : 98045

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月へミルクをとりにいったねこ (日本傑作絵本シリーズ) モグラくんとセミのこくん (こどものとも絵本) ともだちからともだちへ 歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋) あめのもりのおくりもの ― おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)


かわいいタッチの絵に惹かれて、手に取ってみた絵本です。

主人公は、かわいい1匹のモグラ。夜中に土の中から顔を出したモグラは、月を見て思います。

「あれはなんだろう?」

初めて月を見たモグラは、月が欲しくなります。月を捕ろうと、ジャンプしてみたり、棒でつつこうとしたり。その発想がかわいいやらおかしいやら。息子は本を読みながら、「月は遠いんだよ!」と一言。でももし、自分もモグラみたいに月を知らなかったらどうすると思う?と、息子と二人で話したりもしました。

みんな、教えてもらったから月のことも知ってるんだよね。主人公のモグラも、森の仲間のウサギやハリネズミたちに月のことを教えてもらいます。

いろいろやってみて、お月様のことを知ることが出来たモグラ。知らないことを発見したり知ったりする時のワクワクドキドキ感がぎゅっと閉じこめられた、素敵な1冊だと思います。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)




06:08 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示