04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

マグネシウムと片頭痛の関係

2006/03/01
「落花生と片頭痛のお話」で、片頭痛は食べ物との関係が深い頭痛だということを書いたのですが、今回は、前回書けなかった片頭痛の痛みを和らげてくれるマグネシウムと片頭痛の関係について書きたいと思います。まず知りたいのは、なぜマグネシウムが片頭痛に有効なのか?っていうことですよね。

マグネシウムには、血管の収縮を抑えたり、血小板が凝縮するのを防いでくれる働きがあります。なので、それらの症状を緩和したい時にマグネシウムを含む食品を摂取すれば、片頭痛の痛みが和らぐということなんです。ちなみに、マグネシウムは筋肉の収縮にも関わるため、片頭痛以外にも緊張型頭痛にも良いらしいです。片頭痛患者の3~5割の人は、マグネシウムが不足していると言われているらしい。。

厚生労働省では、健康な生活を送るために1日に300mg程度のマグネシウムを摂取するように働きかけているようです。(私を含め、たぶん一般庶民にはほとんど知られていないと思われます(笑))

ちなみに、マグネシウムはストレスや飲酒に消費されやすいため、上手にストレスを発散し、飲酒も控え、バランスの良い食生活を送ることがマグネシウム不足をおこさないためのポイントとなります。

★まとめ

 ・玄米、大豆、ひじき、黒豆、わかめ、セロリ、アーモンド、落花生などマグネシウムを多く含む食品を意識して食べるようにする。
 ・納豆、豆腐、味噌などの大豆製品を食べる。
 ・お酒はほどほどに。
 ・ストレス解消を心掛けよう!


★おまけ

そもそも、片頭痛はどういう症状か?と頭痛に縁のない方もいるかと思いますので、片頭痛について説明を書いておきますね。

★片頭痛とは?

月1回~数回の頻度で、左右のどちらかのこめかみ(または両側)が、ズキンズキンと脈と共に痛み、同時に吐き気を伴う。片頭痛の時は、天候、音、光、騒音などのちょっとした刺激に対しても敏感になる。20~50代の女性に多く、親が片頭痛持ちだと子供も片頭痛を起こしやすいといわれている。片頭痛の痛みが続く時間は、国際偏頭痛学会で4~72時間とされている。

★片頭痛の原因

頭部の血管が広がり、炎症を起こして痛みが起こる頭痛。誘因は、主にストレス、ホルモンバランスの乱れ、アルコールや食品などがきっかけになることが多いと言われている。血管が広がって炎症を起こすと、周りの神経が刺激を受け、痛みが現れる。

以上、私のメモ代わりも兼ねてブログに書きました。

私も偏頭痛の経験があるのですが・・・死ぬかと思いました(^-^;幸い、私の場合、数年に1回ぐらいの割合で偏頭痛を経験するぐらいなのですが、頭痛持ちの方はさぞかし辛い思いをしていることと思います。マグネシウムの摂取で、少しでも予防できますように!


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ


08:55 役立ちそうな話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示