05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『くるぞくるぞ』 / 内田 麟太郎

2008/06/06
あり得ないオチ

くるぞくるぞ (内田麟太郎と長新太の絵本)
くるぞくるぞ (内田麟太郎と長新太の絵本)内田 麟太郎 長 新太

童心社 2013-10-31
売り上げランキング : 1102860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本のタイトルから、「何がくるんだろう?」と気になったので手に取ってみました。

大きな森に突然降った大雪に、森の動物たちはブルブル震えています。その時、森が持ち上がり、ずしーんと落っこちます。事態が飲み込めない森の動物たちは、「くるぞー」「くるぞー」と逃げ出します。全くストーリーの先が読めないのは、内田麟太郎さんらしいな、という印象です。長新太さんの絵もストーリーにぴったりでした。

さて、森から逃げ出して振り返った動物たちが見たものは?やっぱりというか、期待通りというか、 「ありえない」というオチで締めくくられた最後に、息子はちょっと理解に苦しんでいるようでした。

「森って動くの?」絵本だからありえるオチなんだよ~!息子がこのオチで笑えるようになるのは、まだまだ先のようです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

09:08 ・う【内田麟太郎】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示