01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『だんまりこおろぎ』 /エリック・カール

2008/04/10
きれいな音色の絵本です♪

だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (ボードブック)
だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (ボードブック)エリック カール Eric Carle

偕成社 1997-09
売り上げランキング : 60581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さびしがりやのほたる (光る絵本) 1、2、3どうぶつえんへ―かずのほん (ボードブック) パパ、お月さまとって! (ボードブック) くもさん おへんじ どうしたの (エリック・カールの絵本) ごきげんななめのてんとうむし


息子が以前幼稚園から借りてきて知った絵本です。

絵本を出してくるなり、「音が出る絵本なんだよ!」と息子。まだ読んでいないのに、いきなり最後のページの音色を聴き出してしまい、(ありゃりゃ)と思ったのですが、これがまたきれいな虫の音で、逆に早く絵本を読みたいという気持ちにさせられました。

生まれたてのこおろぎぼうやは、挨拶したくてもなかなか音を出すことが出来ません。

”こおろぎぼうやもあいさつしたくて 

ちいさなはねをこし・こし・こし

でもあらら おとがでないようたえない”


こおろぎぼうやが挨拶しようとするたびに上記のフレーズが繰り返し登場してきて、リズミカルに状況が伝わってきます。でもね、最後の最後にきれいな音色で挨拶が出来るんだよね。(一番最初に聴いてしまいましたが(笑))

きれいな愛嬌のある独特の絵もすごくいいですね。どちらかといえば、息子は笑えるストーリーがお気に入りなのですが、この絵本に関しては特に笑えるシーンはなかったのにも関わらず、最後までしっかりと絵本に聞き入ってくれました。きっと魅力ある絵本なんだと思います。

作者のエリック・カールさんの代表作は「はらぺこあおむし」になります。そういえば、息子に「はらぺこあおむし」の絵本を読み聞かせていないことに気付きました。この絵本を機に、エリック・カールさんの作品を読破してみようかなと思っています。


※小学校2年生の国語の教科書掲載作品です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



05:20 ・エ【エリック・カール】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示