10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【訃報】石井桃子さん

2008/04/03
今朝、テレビで見たニュースに、びっくりしてしまいました。

「石井桃子さん、死去」

絵本で何度かお名前を拝見したことがあって、記憶に残っていた方ですが、訃報を知り、しばしテレビに釘付けになってしまいました。正直、お名前しか知らないというレベルの私ですらびっくりしたのですから、石井桃子さんのご活躍をご存知の方は、その数倍びっくりされたことでしょうね。

以下、石井桃子さんの略歴です。

児童文学作家、翻訳家、小説家、編集者。
埼玉県浦和市(現:さいたま市)生まれ。日本女子大学英文学科卒業。
盟友の松岡享子と共に東京子ども図書館を設立した方です。

1933年まで文藝春秋に勤める。
1940年に岩波書店より『クマのプーさん』を翻訳出版。
1950年より岩波書店の嘱託となり、『岩波少年文庫』の企画編集に携わる。
  初の創作『ノンちゃん雲に乗る』はベストセラーとなり鰐淵晴子主演で映画化。
1951年、『ノンちゃん雲に乗る』で、1951年 第一回芸術選奨文部大臣賞受賞。
1954年、菊池寛賞受賞。
  数々の欧米の児童文学の翻訳を手がける一方、絵本や児童文学作品の創作も行う。
  日本の児童文学普及に貢献した第一人者。
1958年より自宅の一角に「かつら文庫」を開設。
  ここでの活動をまとめた「子どもの図書館」を出版。
  (日本における家庭文庫普及のきっかけとなる。)
1993年、日本芸術院賞、1995年、『幻の朱い実』で読売文学賞受賞。
1994年、『幻の朱い実』 第46回(平成06年度)読売文学賞受賞。
1997年、芸術院会員。
2007年度朝日賞受賞。


●石井桃子さんの作品(訳・共作・挿絵のみは除く)

ノンちゃん雲に乗る 1951年
ふしぎなたいこ1953年
おそばのくきはなぜあかい1954年
やまのこどもたち 1956年
山のトムさん 1957年
迷子の天使 1959年
やまのたけちゃん 1959年
いぬとにわとり 1960年
三月ひなのつき 1963年
くいしんぼうのはなこさん1965年
いっすんぼうし1965年
ちいさなねこ1967年
ノンちゃん雲に乗る1967年
ありこのおつかい1968年
ことらちゃんの冒険 1971年
いろいろないぬ1979年
幼ものがたり 1981年
したきりすずめ1982年
べんけいとおとみさん 1985年
かずちゃんのおつかい1989年
幻の朱い実 1994年


調べてわかった範囲で載せましたが、間違いや抜けている作品もあるかもしれません。翻訳がメインだったようで、こうしてみるとオリジナル作品は少ないように思います。読んだこと無い作品が見つかりましたので、今後、機会があれば読んでみたいと思います。

2008年4月2日、101歳で老衰される最後の最後まで現役の児童文学者だった石井桃子さん。心よりご冥福をお祈りいたします。


☆ブログランキングに参加しています。

今日は何位かな?
1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります。



17:09 訃報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示