10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『あと10ぷんでねるじかん』 /ペギー ラスマン

2008/03/01
現実とリンクしている、こんな絵本はいかが?我が家の蔵書です

あと10ぷんでねるじかん
あと10ぷんでねるじかんペギー ラスマン Peggy Rathmann

徳間書店 1999-09
売り上げランキング : 174783

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おやすみゴリラくん もっかい! ねむりのはなし (福音館の科学シリーズ) かぜは どこへいくの (世界の絵本)


「おやすみゴリラくん」「バックルさんとめけいんグロリア」で、すっかりペギー・ラスマンさんの作品が大好きになってしまった息子。次に見つけた作品がこの絵本になります。6歳の息子にはちょっと幼稚かなと思いつつ読んでみたのですが、ペギー・ラスマンさんの絵本の中では、息子の一番お気に入りの作品となりました。

ちょっとハゲ頭(笑)のお父さんが新聞を読みながら、「あと10ぷんでねるじかーん」と男の子に声を掛けます。そして、「あと9ふんでねるじかーん」と1分ごとにカウントダウンしていくんですね。

だんだんタイムリミットが近くなるというのに、男の子がベッドに入るまでの道のりの長いことといったら!大勢やってきたハムスター達といっしょに歯磨きするやらシャワーするやら、着替えるやら絵本を読むやら・・・その慌しいドタバタぶりも、息子には楽しかったようです。

なぜ寝る前のその10分にそれだけやろうとするの?ママはいないの?といろいろ突っ込みたくなるのはもちろんのこと、たくさんやってきたハムスター達の1匹1匹のしぐさがまた笑わせてくれます。息子は、ページをめくるたびに行動が変わるハムスターに気付いては、「こんなことしてるし(笑)」と笑いが止まらない様子でした。(ゼッケンをつけている、カメラを持っているなど、特徴のあるハムスターがいるので、同じハムスターを追いつづけることが出来、行動の変化がわかるんですよ!)

メガホンを持ったリーダーらしきハムスターがいるのですが、そのハムスターがパソコンでホームページを見ている絵が出てくるんですね。まさかと思いつつ記載されているURLに実際にアクセスしてみたところ、本当にハムスターのホームページが実在していてびっくり。息子に見せたら、大喜びでした。絵本が現実とリンクしているのは楽しいですよね!

その他、この絵本は、「おやすみゴリラくん」の絵本ともリンクしているんです。ゴリラくんがぬいぐるみになって出てきたり、ハムスターがぞろぞろ男の子の家の中に入ってくるシーンでは、奥の方にいる動物の行列の絵が、「おやすみゴリラくん」のお話に出てくる管理人とゴリラくん、動物たちの行列のシーンだったり。

それから、ハムスターが使っているパソコンの上には、「バックルさんとめいけんグロリア」のバックルさん、グロリアが人形になって登場しています。それぞれの絵本の中で、風船の動きまできちんと変化させて描かれていたり、細かいところまでしっかり描写されていて、細かいところを見つけては、息子はすごく楽しんでいました。何度見ても発見がある、そんな絵本です。

是非、「おやすみゴリラくん」、「バックルさんとめいけんグロリア」とともに、3冊揃えて読んで欲しいです。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



09:16 ・ペ【ペギー・ラスマン】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示