04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

映画の紹介 『武士の一分』

2008/01/22
今回紹介する映画はこちら!

B000NVST0Y武士の一分
木村拓哉 檀れい 笹野高史

松竹 2007-06-01
売り上げランキング : 1254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



実は私、時代劇などは苦手なので、この手の映画は見ないのですが、
木村拓哉が主演ということで、多少は見やすいのかな?と思って観てみました。

見終わってみると、ストーリーは至ってシンプル。
どこか懐かしくもあるような、基本的なところだけをついて作られたような、
そんな印象の映画でした。

どんな役をやらせても、似たような演技しかしない木村拓哉ですが、
この映画においてもそれは同じ。格好は侍でも、立ち振る舞いは現代の
演技となんら変わりなく、時代劇が苦手な私にはとっつき易かったです。

と書くと、木村拓哉の演技が単調だということを皮肉っているように
とられるかもしれませんが、時代を超えてもなおキムタクらしさの残る演技に、
観る側にとっては、現代の人間も昔の人間も同じ思考回路を持つ人間なんだという
基本的なところを教えられたような感じさえしました。
時代劇の苦手な私としては、どうしても独特な言葉遣いや服装などから、侍などは
遠い存在という印象が強いものですから、そういった意味では、主役がキムタクで
良かったのかな、若い世代にもわかりやすく、受け入れやすい世界を作ったのかな、
という気はしました。

キムタク演じる三村新之丞の妻、三村加世役の檀れいさんが、とても綺麗で、
見ていて惚れ惚れします。笹野高史さん演じる、徳平もまたとてもいい感じに
演じられています。主役より、脇役の皆さんが際立った、シンプルだけに不思議な
映画かもしれません。

キムタク演じる三村新之丞が盲人になった辺りから、後半、そしてラストにかけての
展開がとても良かったと思います。純粋に愛を貫く姿。そこに惹かれますね。

原作は時代小説『盲目剣谺返し』(『隠し剣秋風抄』藤沢周平作)。
山田洋次監督の『時代劇三部作』(『たそがれ清兵衛』・『隠し剣 鬼の爪』)の
第3作目(完結)だそうです。他の2作は見てないのですが、機会があれば
是非通しで見たいと思っています。


公式サイトはこちらになります!


☆ブログランキングに参加しています。

1クリックしていただけると大変励みになり、更新が早まります(笑)






13:32 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(2)
コメント
・・・どんぐりぼうやさんは、キムタクが好きなのか?嫌いなのか?どっちだろう???
・・・どちらかといえば、好き、かな?
キムタクの出てるドラマ、結構見てますんで(笑)

管理者のみに表示