02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

『あおくんときいろちゃん』 /レオ・レオニ

2007/11/01
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)レオ・レオーニ 藤田 圭雄

至光社 1984-01
売り上げランキング : 18221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし ぼくのくれよん (講談社の創作絵本) スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし なにをたべてきたの?


レオ・レオニさんの作品は5歳の息子と何冊か読んだのですが、どうも反応がイマイチ。でも、唯一、息子が反応した作品がこれでした。

主人公は、あおくんときいろちゃん。登場してくるもの全てが目・鼻・口・足など無く、色だけで表現されていて、こういう絵本もあるんだ!とちょっとした衝撃を受けました。読み手の想像力を駆り立てますね。

嬉しくて嬉しくて、重なり合って緑色の丸1個になってしまったあおくんときいろちゃん。息子は、「あ!みどりになっちゃった!!」とびっくり。2つの色がくっつくと、1つの違う色が出きるということに興味津々でした。

大人の目から見ると、違う色になった部分は、共通する気持ちの色に思えて、子どもとはまた違った目線で読めるので、不思議な絵本だな~と思いました。子どもから大人まで楽しめる絵本だと思います。


※小学1年生の国語の教科書(三省堂)の紹介図書です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



12:13 ・レ【レオ・レオニ】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示