01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

図鑑系の紹介 『動物の寿命』

2007/10/26
今回紹介する本はこちら!


動物の寿命―いきものたちのふしぎな暮らしと一生 (知の森絵本)
動物の寿命―いきものたちのふしぎな暮らしと一生 (知の森絵本)
素朴社 2006-07
売り上げランキング : 463823


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よこはま動物園(ズーラシア)の園長をされている増井光子さんが
監修された本(図鑑)になります。
この本を手に取ってみるまで、正直いって動物の寿命のことを
考えてみたこともありませんでした。

そういえば、昆虫・動物好きな息子に「***は何歳まで生きるの?」と
何度か聞かれたことがありました。答えられずに、適当にやり過ごしていたのですが、
この本があれば、疑問解決になる!と思い、手に取りました。

リアルなイラストなので、写真が無くても充分満足できます。
寿命のことだけじゃなく、その生き物の生態の補足もしっかりされているので、
大人でも、「あ、そうなんだ~」って思える、そんな本です。
生き物にとって生と死は切り離せないもの。
あえて寿命のことを取り上げた、画期的な学習絵本!
生き物大好きな子供に、オススメだと思います。

少しだけ、生き物の寿命を教えますね。

スズメ(およそ2~3年)、ハシブトガラス(およそ6~8年)、
ニホンアマガエル(およそ1~10年)、サケ(およそ3~8年)、
ニホンザル(およそ20~30年)、イノシシ(およそ27年)、
タヌキ(およそ13年)、イエバト(およそ35年)、ダンゴムシ(およそ4~6年)

その他の生き物の寿命は、是非この本を手にとってお調べ下さいね。





☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m

10:17 ・動物の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示