09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

アニメ 『はだしのゲン』

2007/07/20
子供達も、そろそろ夏休み突入ですね。
息子の通う幼稚園でもとうとう夏休みに入りました。
8月末まで朝から晩まで息子と行動を共にしなくちゃいけないと思うと、
嬉しい反面、体力的にどうかと思います(笑)

さて、この頃我が家では図書館で貸し出しているビデオやDVDを
鑑賞するのが小さなマイ・ブームとなっています。
息子と一緒にちょこちょこ観ているのですが、今回ご紹介するアニメはこちら。





ご存知の方も多いかと思います。『はだしのゲン』。
日本PTA全国協議会推薦
優秀映画鑑賞会推薦
厚生省児童福祉審議会推薦

と、なにやらいろんなところから推薦されている作品です。

1983年に原作者である中沢啓治は、私財をなげうって長編アニメ「はだしのゲン」
を制作し、多くの人々の共感と支持を得ました。
その後、続編を希望する多くの声に激励され、「はだしのゲン2」も作られました。



個人的にですが、「はだしのゲン」には少々思い入れがありまして、
初めて「はだしのゲン」に出会ったのは、私が小学4年生頃の時です。
たまたま教室内にあった本棚の中に「はだしのゲン」のコミックがずらりと
並べて置いてあったんですね。



で、なんとなく手に取り、読み出してみたら止まらなくなって、
ちょっとした休憩時間で少しずつ読んでいて、1週間、いや、もうちょっと
掛かったかもしれませんが、一気に読破した記憶があります。
私があまりにも集中して読んでいるので、クラスメイトの子もなんだろう?
何を読んでるの?って感じで読み出したりして、一時期、休憩時間に
「はだしのゲン」のコミックを読んでいる子が3,4人いたりしました。
コミックということで、読みやすかったんでしょうね。
読み易いのですが、中身はれっきとした戦争体験物語です。

今回息子と観たのは、アニメの「はだしのゲン」でしたが、コミックで
表現されていたストーリーが微妙に変えられていたりして、コミックの方を
先に知っていた私にとっては、ちょっと描写が物足りなかったように感じました。
もっともっと厳しい現実で、どろどろした感じだったような気がしたのですが、
何せコミックを読んだのが20年以上も前の話(笑)なので、具体的には
どうこう言えないのですが、とにかく、私的にはコミックの方がオススメかなと思います。

今回、5才の息子と一緒にアニメを観たわけですが、息子にとっては
「戦争って何?」っていうレベルだったので、いろいろと説明しながらの鑑賞となりました。
アメリカと日本がケンカして、大きな爆弾を日本に落としちゃったんだよ、
爆弾が爆発して、たくさんの人が死んじゃったんだよ、と、簡単にですが
息子と戦争について話をする機会となりました。

5才で戦争の話が理解できるかどうか、という危惧もあるかと思います。
けど、息子なりにアニメを通してですが、戦争で突然死んでしまう大勢の人々、
原爆症で倒れていく人々、そういう姿を見て、「なんで死んじゃったの?」
「可哀想だね」「ケンカって良くないね」などとい言葉を聞くことが出来たので、
子供なりに理不尽な理由で命を奪われることの切なさ、苦しさ、憤り、そういったものを
感じることが出来たのではと思います。

こういうアニメや本を一度でも読んだことのある人なら、誰かさんみたいに
「原爆投下はしょうがない」なんて発言は間違えても出てこないはずなのですが。
しかも、上記の発言をした方は、長崎県出身だっていうんだから、びっくりです。

さて、話はそれましたが、「はだしのゲン」は原作者の自伝を元にした作品で、
作中のエピソードの多くも原作者の中沢さんが実際に体験したことなのですが、
実際の体験と作中のエピソードには多少の差異があるとのことです。
例えば、作中ではゲンが父や姉弟の死を直接見たことになっていますが、
実際は、後に実際に立ち会った母から聞かされていたり、母親が亡くなるシーンでも、
実際は母親の死には立ち会っていなかったりしています。
(母親は作中の戦後すぐの死去ではなく、終戦から20年後に亡くなったとのこと)
作中にもある母親を火葬した際、骨が残らなかったエピソードが、
原作者に広島原爆の被爆を題材とした漫画を描かせるきっかけとなったそうです。

「はだしのゲン」の実写盤もあるんですよね。私も小学生の頃に
学校の企画で上映され、観た記憶があります。
時期的に、この季節は戦争絡みの話題を何かと目にしますよね。

そうそう、偶然ではありますが、今年の夏、なんとここで紹介した
「はだしのゲン」が初めてテレビドラマ化されるそうです。
フジテレビで、8月10日(21:00~22:52)が前編、
8月11日(21:00~23:10)が後編で放送されます。
すごいタイミングでアニメを観ちゃったな~と自分でもビックリしています。

フジテレビのHP

アニメでは伝わらなかった過酷な戦争の姿がこのドラマでどこまで
表現できているかわかりませんが、良い機会ですので、息子と一緒に
ドラマの方も観てみようと思っています。

☆ブログランキングに参加しています。
 お?と思いましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!



17:29 映画・ドラマ・アニメの紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示