04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『せんろはつづく』 / 竹下文子

2007/07/13
どこまで続くの~!みんなで作る線路のお話。

せんろはつづく
せんろはつづく竹下 文子 鈴木 まもる

金の星社 2003-10
売り上げランキング : 16699

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
せんろはつづくまだつづく (いっしょにあそぼうよ!シリーズ) せんろはつづく どこまでつづく つみきでとんとん でんしゃでいこうでんしゃでかえろう ちびゴリラのちびちび


子ども達だけでどんどん線路を作っていきます。「もっともっと」「つづく」などの言葉が連続で出てきて、心地よいリズムで読み進めることが出来ました。

線路を作っていると、さまざまな難関が待ち受けています。それは「山」だったり、「川」だったり、「池」だったり。けれど、子ども達はその都度「どうする?」と考えながら難関を突破し、どんどん線路を繋げていきます。

息子も、次はどうするんだろう?どうなるんだろう?とわくわくしながら読んでいました。そして、線路が繋がって列車が来た時、まるで息子自身も線路作りに参加していたような喜びようで、それだけ子どもにとっても感情移入できるぐらい充実した内容なんだと感じました。

あえて線路を作っている時にさまざまな障害があることで、実際の線路もこんなふうに作られてきたんだということが子どもにもわかりやすかったのではと思います。みんなで協力して線路を作っている姿も良かったですね。

文字が少ないので、ひらがなを覚えたての子が読むにもちょうど良い本だと思います。



※小学1年生 国語の教科書(三省堂)掲載作品です。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m



10:19 ・た【竹下文子】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示