01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『ハエをのみこんだおばあさん』 /シムズ・タバック

2007/05/11
ハエだけではありません!次々と生き物を飲み込んでしまう、
不思議なおばあさんのお話はいかがでしょうか?

ハエをのみこんだおばあさん
ハエをのみこんだおばあさんシムズ タバック Simms Taback

フレーベル館 2002-10
売り上げランキング : 515771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん) とってもとってもあいたいの! おじいさんならできる (世界傑作絵本シリーズ―カナダの絵本) パンのかけらとちいさなあくま―リトアニア民話 (こどものとも傑作集) キャベツがたべたいのです


この絵本は、アメリカで子どもから大人までみんなに愛されている歌を元にして作った、切り抜き絵本だそうです。変なタイトルの絵本だったので、読んでみました。

なぜかハエを飲み込んでしまったおばあさん。いろんな動物たちが見守る中、おばあさんは1匹ずつその動物たちを飲み込んでいきます。でも、それもこれも全部、一番初めにハエを飲み込んだせいなんだ。

「でも、どうしてハエを飲み込んだのかはわからない。」

このフレーズを何度もリピートしつつ、絵本は進んでいきます。歌が元になっている絵本だけに、繰り返される言葉のリズムがおもしろく、また心地よい感じになっています。

絵本なのに主役のおばあさんが死んでしまう、なんて、ちょっと非常識っぽいところが子どもにはウケるのかもしれません。切り抜きの絵本なので、小さいお子さんでも楽しめると思います。息子も、意外な結末に驚いた様子でした。こういう絵本もありかなって思います。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけると現在のランキング結果が表示されます。いつもありがとうございますm(__)m


10:11 ・おばけ・不思議・謎・ミステリアスな絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示