03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

『3びきのくま』/工藤 有為子

2016/12/21
3びきのくま―ロシア民話より (おはなしのたからばこ 11)
3びきのくま―ロシア民話より (おはなしのたからばこ 11)工藤 有為子 あべ 弘士

フェリシモ 2008-07
売り上げランキング : 534394


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トルストイの「3びきのくま」しか読んだことがなかったので、いろんな「3びきのくま」の絵本を読んでみることにしました。

こちらの絵本には、「ロシア民話より」と書かれていますので、トルストイ原作のものを作者が再話にしたもののようですが、大まかなストーリーは同じなのですが、お話の出だしから雰囲気が全く違っていて、正直驚きました。

どうやら本書では、夜の出来事のようです。鍵もかけずに出掛けていった3びきのクマたち。留守になったクマのお家へやって来た女の子は、月の子、チュプ。チュプのとる行動は、お決まりのパターンです。チュプの話す言葉、クマの話す言葉は、聞いたことのない言葉なのですが、ちゃんと日本語も併記してあるので、大丈夫です。

場面が夜だからでしょうか、それとも聞き慣れない言葉だからでしょうか、とっても怪しい雰囲気が漂います。クマも、とっても怖そう!

クマとチュプが顔を合わせるシーンでは、飛び起きたチュプがなんと、窓からするりと飛び出し、光となって逃げていきます。逃げた女の子にクマが追いつけない理由が、この本書に限っては理解できました。

巻末の補足を読んだところ、クマやチュプが話していた言葉は、アイヌ語だったようです。昔からアイヌの人達は、生き物と会話するように暮らしていたのだとか。クマたちもアイヌ語を話していたかも知れないという思いから、このような話になったようです。

いろんな「3びきのくま」を読んできましたが、本書が一番神秘的なストーリーに仕上がっていたように思います。絵もお話にとても合っていて良かったと思います。

いろんな「3びきのくま」のお話があるんだな~と楽しませてもらいました。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチっと応援いつもありがとうございます!

08:00 ・民話・昔話・神話 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示