09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『おおきな木』/シェル・シルヴァスタイン/訳 村上春樹 

2016/11/27
おおきな木
おおきな木シェル・シルヴァスタイン Shel Silverstein 村上春樹

あすなろ書房 2010-09-02
売り上げランキング : 5186


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほんだきんいちろうさん訳の
「おおきな木」を読んだ後に、
村上春樹さん訳の
こちらの絵本を読みました。

同じ絵本なのに、訳者が違うと
微妙にニュアンスも違うんですね。

ほんだきんいちろうさん訳の
絵本では、リンゴの木は
男性のイメージなのですが、
こちらの絵本では、口調が
女性になっています。

あとがきを読んだところ、
原文では、木は「彼女」と
書かれているそうです。
母性としての木だったんですね。

木から与えられてばかりの
少年の姿を見ていると、
ふと自分の行いはどうだろう?
と思わずにはいられません。

親にしてもらったことは
多々あっても、
親に何かしてやれたことは
果たして幾つあったでしょうか?

少年の転機と言える時に、
身を削って力になる
親としての木、
見返りを求めない
無償の愛に
頭が下がる思いがしました。

そして、木の愛をひたすら
受け入れるだけの少年の姿。

年老いて疲れ果た少年にとって、
与えるだけの愛が果たして
良かったのか悪かったのか、
疑問が残ります。

けれど最後、
木に与えることを求めなかった
少年の姿に、
木は本当の幸せを
初めて心から
感じたのではないでしょうか。

読めば読むほど
いろんな解釈の仕方が
沸々と沸いてきて、
全く不思議な
奥深い絵本だと思います。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ



08:00 ・心に響く・考えさせられる絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。